gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

身長207㎝の麻野らがトップ【男子チームのイチオシ選手が選ぶ「すごいと思う選手」(ブロック&レシーブ&トス編)】

  • 2023.01.03

 

第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)が1月4日(水)に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕する。男子各チームが選ぶイチオシ選手に「高校生ですごいと思う選手は?」というアンケートを実施。ブロック、レシーブ、トスの3項目から、注目選手をチェックしよう

 

ブロック部門

1位(22票)

麻野堅斗(東山高)

あさの・けんと/3年/身長207㎝/最高到達点342㎝/昇陽中(大阪)出身/ミドルブロッカー

今季高校生では唯一の日本代表に選出。日本代表合宿を経て、ブロックの移動の速さを磨いた。目指すはインターハイに続く全国二冠

 

主な選出理由

「高校生とは思えない圧倒的な高さがある」(佐藤 響/岡山東商高[岡山])

「反応が早く、手が前に出て完成している時間が長いから」(藤本俊介/坂出工高[香川])

「身長2mを超える身長で動きも早く、まさに壁そのもの」(小手川吟之介/鎮西高[熊本])

 

異次元の高さで相手にプレッシャーを与える#2麻野

 

2位タイ(4票)

小田周平(習志野高[千葉])

おだ・しゅうへい/3年/身長196㎝/最高到達点338㎝/打瀬中(千葉)出身/ミドルブロッカー

昨年度からレギュラーを務め、今季は絶対的な存在に。高さを生かしたブロックと、サウスポーから打ち込むクイックも魅力

 

主な選出理由

「去年の春高から活躍していたから」(ローゼンマーク有廉ジュニア/土浦日大高[茨城])

「動画を見たときにすごくきれいなブロックをしていた」(秦 健太郎/昇陽高[大阪①])

 

秋本悠月(駿台学園高[東京①])

あきもと・ゆづき/2年/身長191㎝/最高到達点330㎝/サレジオ中(東京)出身/ミドルブロッカー

1年生時から名門のレギュラーを務め、昨年は第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会でも不動の存在に。多彩な攻撃も持ち味

 

主な選出理由

「高さと堅さのあるブロックだから」(小田周平/習志野高)

「ミスが少なく、必要なところでしっかりと当たり前のことをする、目標にしているミドルブロッカー」(松山鼓太郎/慶應義塾高[神奈川①])

 

 

レシーブ部門

1位(15票)

土井柊汰(東福岡高[福岡])

どい・しゅうた/3年/身長173㎝/最高到達点305㎝/春日南中(福岡)出身/リベロ

安定したサーブレシーブで多彩な攻撃の起点に。準優勝した昨夏のインターハイでは、リベロ優秀選手を獲得した。キャプテンとしても仲間を鼓舞

 

主な選出理由

「柔らかいレシーブから出るボールは、とても素敵だと思います」(三杉 遥/近江高[滋賀])

「声かけ、レシーブが上手。理想のリベロだと思った」(秦 健太郎/昇陽高)

「反応の速さとディグの精度が圧倒的で憧れます」(小手川吟之介/鎮西高)

 

今季からレギュラーに定着した土井

 

2位(9票)

伊東昌輝(日本航空高[山梨])

いとう・あきら/3年/身長170㎝/最高到達点292㎝/安田学園中(東京)出身/リベロ

昨年度春高優勝を経験した守護神。同大会でも見せた持ち味のディグでチームのピンチを救う。今季はキャプテンとしてもチームをけん引

 

主な選出理由

「練習試合で、ディグをしてボールが落ちなかった」(中村來太郎/山形中央高[山形])

「球際の強さ、勘のよさ、二段トスの正確さ」(安食浩士/東北高[宮城])

 

3位タイ(5票)

小手川吟之介(鎮西高)

こてがわ・ぎんのすけ/3年/身長173㎝/最高到達点305㎝/阿蘇中(熊本)出身/リベロ

今季からレギュラーに定着。昨年の国体では安定した守りを見せ、優勝に貢献した。ムードメーカーとして明るくチームを盛り上げる

 

主な選出理由

「どんなボールにも必死に追いかけ、繰り出されるスーパーレシーブ」(折口天明/都城工高[宮崎])

 

布台 聖(駿台学園高)

ふだい・しょう/3年/身長161㎝/最高到達点280㎝/サレジオ中出身/リベロ

組織力の高い守りを形成する守護神。昨年度からレギュラーを務め、声でもチームを引っ張る

 

主な選出理由

「打っても打っても拾ってくる。守備範囲が広くて、なかなか決まらない」(德留巧大/松本国際高[長野])

 

 

トス部門

1位(15票)

當麻理人(東山高)

とうま・りひと/3年/身長177㎝/最高到達点320㎝/昇陽中出身/セッター

昇陽中3年生時に全日本中学生選抜に選ばれ、東山高では2年生時からレギュラー。今季はインターハイで日本一に導き、ベスト6に選ばれた

 

主な選出理由

「どんな状況からでもまったく同じトスを上げてくる。サーブで乱して、2本目で攻撃につなげてくる」(德留巧大/松本国際高)

「どんなところからでも上げられるトスの精度がすごい」(麻野堅斗/東山高)

「どこからでも正確で早いトスを上げられるから」(脇田孝太郎/崇德高[広島])

 

多彩な攻撃を組み立てる當麻

 

2位(9票)

石川愛礼(一関修紅高[岩手])

いしかわ・あれい/3年/身長177㎝/最高到達点319㎝/金ケ崎中(岩手)出身/セッター

金ケ崎中3年生時に當麻とともに全中選抜に選出。一関修紅高ではコンビバレーの軸を担い、2、3年生時に全国大会に出場に導く

 

主な選出理由

「二段トスの精度がすごい」(吉田竜也/駿台学園高)

「ストレートまで伸びるトスと正確性、組み立て」(小田周平/習志野高)

 

3位(3票)

小金 葉(松本国際高)

こがね・よう/3年/身長176㎝/最高到達点310㎝/渕江中(東京)出身/セッター

今季、リベロからセッターに転向し、早い攻撃を組み立てる司令塔。インターハイ、国体ではベスト4入り

 

主な選出理由

「あの早い攻撃にミスなく合わせているから」(塙 大輝/清風高[大阪②])

 

文/田中風太

写真/山岡邦彦、編集部

 

全国二冠を目指す東山 鎮西高らライバル撃破へつかんだ手がかり【春高出場校の天皇杯④】

 

東福岡 2年ぶりの春高優勝へエース川野の覚醒がカギ【春高出場校の天皇杯③】

 

春高直前 鎮西(熊本)と松本国際(長野)の今年度男子インターハイを振り返る【月バレ2022年10月号プレーバック】

 

【次ページ】男子組み合わせ

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn