gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

世代No.1リベロがぶっちぎりの1位【チームのイチオシ選手が選ぶ「すごいと思う選手」(女子レシーブ&ブロック&トス編)】

  • 2023.01.03

第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)が1月4日(水)に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕する。女子各チームが選ぶイチオシ選手に「高校生ですごいと思う選手は?」というアンケートを実施。レシーブ、ブロック、トスの3項目から、注目選手をチェックしよう

 

レシーブ部門

1位(35票)

德本歩未香(金蘭会高[大阪①])

とくもと・あみか/3年/身長152㎝/最高到達点260㎝/金蘭会中(大阪)出身/リベロ

第21回アジアU20(ジュニア)女子選手権大会でベストリベロ賞に輝いた世代を代表する守護神。日立Astemoリヴァーレに内定

 

主な選出理由

「絶対にボールを落とさない。位置取りも完璧」(笠井季璃/旭川実高[北海道①])

「ムダのない動きからの安定したレシーブと、反応するスピードがとても速い」(浅利麻央/郡山女大附高[福島])

「どんなボールでも上げて、体を張ってプレーする姿がかっこいい」(立花紗季/近江兄弟社高[滋賀])

「絶対にボールを落とさない守備力と、正確なパスで、守護神という言葉がいちばん似合う。声かけもすごい!」(谷口 心/宮崎日大高[宮崎])

 

男女合わせてトップの票を集めた德本

 

2位(6票)

内澤明未(下北沢成徳高[東京])

うちざわ・あみ/2年/身長150㎝/最高到達点270㎝/軽米中(岩手)出身/リベロ

広い守備範囲とディグが魅力で、1年生時から名門校のレギュラーを務める。今大会の出場は逃したが、昨夏のインターハイではリベロ優秀選手に選ばれた

 

主な選出理由

「ボールの吸収と予測がうまい」(阿部怜可/盛岡誠桜高[岩手])

「決まったと思っても、1本目のレシーブも、2本目のカバーも上げていた」(秋本美空/共栄学園高[東京③])

 

3位タイ(2票)

井上凜香(就実高[岡山])

いのうえ・りんか/2年/身長167㎝/最高到達点282㎝/就実中(岡山)出身/リベロ

1年生時は、インターハイ、春高で個人賞を獲得。安定感のあるサーブレシーブで、春高三連覇に貢献する

 

主な選出理由

「サーブレシーブが安定していて、守備範囲が広い」(髙橋 凪/就実高)

 

城戸陽菜(福岡工大附城東[福岡])

きど・ひな/3年/身長158㎝/最高到達点270㎝/博多女中(福岡)出身/リベロ

佐野優子さん(元・日本代表)に憧れる守護神。粘り強いレシーブで仲間にボールを託す

 

主な選出理由

「どんなボールも全力で上げにいって、ボールが落ちない」(樋口星来/鹿児島実高[鹿児島])

 

 

ブロック部門

1位(12票)

タピア・アロンドラ(古川学園高[宮城])

3年/身長196㎝/最高到達点325㎝/ドミニカ共和国出身/ミドルブロッカー

今大会最長身選手で、ブロックは異次元の高さ。春高では国体に続く全国二冠を目指す

 

主な選出理由

「多少の遅れは関係ないほどの圧倒的な高さ」(平山恵理/青森西高[青森])

「身長が高いだけでなく、ブロックの読みもよく、移動も速い」(大﨑まりん/西邑楽高[群馬])

「身長の高さを生かしたブロックは相手に迫力を与える」(渡邉 織/三浦学苑高[神奈川①])

 

圧倒的な高さで威圧感を与えるタピア

 

2位(5票)

飯山エミリ(東九州龍谷高[大分])

3年/身長185㎝/最高到達点309㎝/吉野東中(鹿児島)出身/ミドルブロッカー

1年生時からレギュラーを務め、今季はキャプテン。日本人屈指の高さあるブロックで、相手にプレッシャーを与える

 

主な選出理由

「高さがあり、ブロックで上から押さえてくるから」(土屋菜々美/静岡県富士見高[静岡])

「高さがあり、読みがよく、きれいなかたちで跳んでいる」(北窓絢音/誠英高[山口])

 

3位(4票)

成瀬ももか(八王子実践高[東京①])

3年/身長179㎝/最高到達点296㎝/八王子実践中(東京)出身/ミドルブロッカー

高さがそろうブロッカー陣を引っ張るキャプテン。昨夏はベスト6に選ばれる活躍で、インターハイ4強入りに貢献

 

主な選出理由

「インナーに打ってもブロックされた」(秋本美空/共栄学園高)

 

 

トス部門

1位(21票)

熊谷仁依奈(古川学園高)

くまがい・にいな/3年/身長165㎝/最高到達点280㎝/仙北中(秋田)出身/セッター

第21回アジアU20女子選手権大会に出場した世代を代表する司令塔。1年生時から2年連続で春高のセンターコートを経験し、今大会で悲願の優勝を目指す

 

主な選出理由

「同じ中学校でバレーをしていましたが、対応力があり打ちやすい、自慢のセッターだからです」(荒谷美稀/秋田令和高[秋田])

「一度対戦したときに、トスはもちろん、セッターとしてチームを引っ張るのもすごいと思った」(土屋菜々美/静岡県富士見高)

「どこからでもスパイカーに合ったトスを正確にもっていくから」(恒川遥那/三重高[三重])

 

2年生時からキャプテンとしてもチームを引っ張る

 

2位(9票)

岩本沙希(就実高)

いわもと・さき/3年/身長164㎝/最高到達点275㎝/小園中(兵庫)出身/セッター

2年連続で春高の頂点を経験。正確なトスワークを武器に、キャプテンとして三連覇に導けるか

 

主な選出理由

「昨年の春高を見て、岩本さんのトスの正確性に感動した」(吉澤瑚葉/日本航空高[山梨高])

「スパイカー一人一人のことを考えているトスだと思うから」(宮崎真菜/氷上高[兵庫])

 

3位タイ(3票)

川あすか(八王子実践高)

よしかわ・あすか/3年/身長165㎝/最高到達点263㎝/八王子実践中出身/セッター

春高東京都代表決定戦では、2年連続1位通過。多彩なトスワークを武器に、ハイタワー軍団の攻撃力を引き出す

 

主な選出理由

「どこにトスが上がるかわからない」(秋本美空/共栄学園高)

 

岡庭優衣(帝京三高[山梨])

おかにわ・ゆい/3年/身長165㎝/阿智中(長野)出身/セッター

今大会は県予選決勝で敗れたが、2年連続で全国大会を経験。ツーセッターの一角として、スパイカーの打ちやすいトスを供給した

 

主な選出理由

「セッターでありながらすべてのプレーをこなし、ほんとうにバレーセンスがすごい」(大嶋優貴乃/宇都宮中央女・宇都宮中央高[栃木])

 

文/田中風太

写真/山岡邦彦、編集部

 

パワフルエースが二冠に輝く【女子チームのイチオシ選手が選ぶ「すごいと思う選手」(スパイク&サーブ編)】

 

春高直前 上村杏菜(金蘭会)のインターハイを振り返る【月バレ2022年9月号プレーバック】

 

古川学園 悲願の春高優勝へ(前編)

 

【次ページ】女子組み合わせ

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn