gv-logo

春高2024
春高2024SPORTSBULL
GALLERY2
WAVE_LIGHTNING_Z8

京都橘が高さを生かし城南を撃破、2回戦進出決める【春高2024】

  • 2024.01.04

2回戦へと駒を進めた京都橘(京都)【写真:月刊バレーボール】

 

 3年連続26回目の出場となる京都橘(京都)と、2年ぶり14回目の出場となる城南(徳島)の対戦。

 

 京都橘の先取点で幕を開けた第1セット、セッター川岸夕紗が3本連続でレフトへのトスを選択すると、これに応えた岩本姫季が決めきるなど、京都橘が序盤から8-3とリードする展開。8-14と点差を広げられた場面で、城南はタイムアウトで転機を図るが、直後に立石裕美子が城南のライトスパイクを1枚でシャットアウト。これで完全に勢いに乗った京都橘が走り抜き、25-15と先制する。

 

 平均身長で約5㎝勝る京都橘は、高いブロックを武器に第2セットも優勢に進め9-5。食い下がる城南は1年生スパイカー・佐藤美咲のエンドラインぎりぎりに決まるスパイクや、ブロックの手に這わせるフェイント、主将・石川ありすのプッシュなど4連続ポイントで9-9と同点に。しかし、京都橘はすかさず平野佐奈が痛烈なレフトスパイクを刺し、逆転を許さない。粘りで追随する城南は、ブロックを巧みに利用する石川の軟打や、嵩原夏希のインナーに決まるスパイクなどで22-23と食い下がるも反撃はここまで。最後は京都橘・横井彩椛、岩本がパワーのスパイクで押し切り、25-22。京都橘がストレートで1回戦を勝利した。

 

試合結果(女子1回戦)

京都橘(京都)2(25-15、25-22)0 城南(徳島)

 

【関連記事】

■国体王者・高川学園が星城高校をフルセットで破る【春高2024】

■日本代表の秋本美空や全国三冠を目指すイェーモンミャら活躍に期待の10選手をチェック【2024春高(女子)】

■8連覇中の金蘭会、京都橘、北嵯峨、四天王寺がベスト4 準決勝はともに大阪と京都の対決に【近畿バレーボール大会(女子)】

■金蘭会高 アウトサイドヒッターに井上未唯奈!? 春高本戦も「チームのために」【春高出場校の天皇・皇后杯①】

■【春高2024特設サイトトップページ】

 

【次ページ】京都橘(京都)vs.城南(徳島)その他の写真

CONTENTS

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn