gv-logo

春高2024

インターハイ2023記事一覧

下北沢成徳が2年ぶり5度目の優勝【北海道インターハイ2023女子】

  • 2023.08.05

 令和5年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2023)は8月5日(土)に決勝が行われ、ウインドヒルくしろスーパーアリーナ(北海道釧路市)を舞台に、下北沢成徳(東京)が東京都市大塩尻(長野)をストレートで破り、2年ぶり5度目の優勝を飾った。

 

 第1セット、下北沢成徳は10-9から#1イェーモン ミャのスパイクやサーブなどで4連続得点。そのあとも点差を広げた。東京都市大塩尻は#2市川早彩、#3西木戸カミラ歩美の攻撃などで5連続得点をあげて18-16まで追い上げるが、下北沢成徳が再び#1イェーモンの攻撃で突き放し、セットを奪った。

 

 第2セットは下北沢成徳が5-5から5連続得点をあげて主導権を握る。東京都市大塩尻は#2市川、#6飯島茉優樹の攻撃で食らいつくが、下北沢成徳は#1イェーモンのスパイクや#11小山明のサーブが機能し、得点を重ねてセットを連取した。

 

 第3セット、東京都市大塩尻は#3西木戸のスパイクなどでリードするが、下北沢成徳が#1イェーモンのスパイクで追いつくと、9-8からは6連続得点で突き放す。それでも東京都市大塩尻は#1北村萌恵、#5中澤柚月らの攻撃で追い上げて一時は17-16と逆転に成功。しかし、下北沢成徳が#2河俣心海のスパイクや#3柳千嘉のブロックで再逆転すると、20-19から5連続得点で一気に勝負を決めた。下北沢成徳の優勝は2021年のインターハイ以来で、伊藤崇博監督の就任後は初めて。2年ぶり5度目の優勝を飾った。

 

■決勝トーナメント女子決勝 

下北沢成徳(東京) 3-0 東京都市大塩尻(長野)

(25-18,25-14,25-19)

 

 

■日程、結果、選手名鑑掲載中のインターハイ特設サイトはこちら

 

■インターハイ出場選手選手名鑑【東京都市大塩尻】

 

■インターハイ出場選手選手名鑑【下北沢成徳】

 

【次ページ】女子決勝トーナメント組合せ表

CONTENTS

インターハイ2023トップに戻る

インターハイバックナンバー


インターハイ2023選手名鑑

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn