gv-logo

女子日本代表紅白リモートマッチレポート/シャイニングレッド編

  • 女子日本代表
  • 2020.08.14

 ユニフォームのデザインを手がけたのはミズノ。実施が決まった紅白戦で特別なユニフォームを採用することになり、決めた方針の一つは、赤をベースにしたデザインにすることだったという。

 

 日の丸からも連想されるが、赤といえば 歴代の日本代表がまとってきたカラーリング。1989年から女子日本代表のユニフォームを供給するミズノにとっても、“日本代表といえば赤”という考えは変わらない。赤をベースとし、指し色に黒を使用したアシンメトリーのデザイン自体はこれまでも 例があった。しかし今回のシャイニングレッドのユニフォームにはシャープな白のラインも施されており、色使いの多さが際立つ。また、ベースとなる赤の部分にジオメトリック柄(幾何学模様)が用いられて いる点や、これまでのノースリーブとは異なり少しだけ袖がある『キャップスリーブ』モデルが採用された点も新鮮だった。

 

 これらのコンセプトには、提供したミズノ側の“元気を与えたい”という思いも込められていた。情熱的な赤を基調に、施された多彩な色使いはそう、見た人に元気を与えるものだ。それはこのユニフォームを着てプレーした選手たちの思いともシンクロした。

 

 「次の試合に向けて、さらにパフォーマンスをレベルアップさせて、皆さんにたくさんのポジティブなエネルギーをお届けしたいです」(長岡)

 

 伝統のカラーリングに加えられた新しさ。この日の一着は、選手にも見る人にもチカラを与えるものだった。その思いは、 きっとこれからもつながれていく。

この記事はミズノ株式会社とのタイアップ広告です。

『同じユニフォームがミズノのサイトで作れます』

https://mcs.mizuno.com/

※リモートマッチ限定ユニフォームは当システムを使用し作成

 

ミズノバレーボール

https://www.mizuno.jp/volleyball/

 

https://twitter.com/MIZUNO_VOLLEY

  • インターハイ2021

pagetopbtn