gv-logo

A全勝の岡山が上位のJT,久光と激突 B全勝のNECは東レと対峙【V Cup2週目】

  • V1
  • 2021.03.04
TwitterFacebookLine

■2戦を終え全勝の岡山が、同じく初戦で勝利を飾ったJT、久光と激突

 今週で2週目を迎えるV Cup。3週に渡って開催される予選ラウンドは、早くも折り返し地点を迎える。まずは、Aグループの戦況と見どころから。

 

 初週を終えて、全勝で今週に臨むのは、岡山シーガルズ、JTマーヴェラス、久光スプリングスの3チーム。岡山のホームゲームとなる赤磐大会では、その岡山が、JT、久光ら上位チームと激突する。

 

 先週はトヨタ車体にフルセット、姫路にストレートで勝利を飾った岡山。リーグ同様、攻守での活躍が光った金田修佳を軸に得点を重ねると、今季新加入を果たした付欣田らもコートに立ち躍動。リーグではあまり出場機会のなかった高柳有里や長瀬そらなど多くの選手が、コートで経験を積んだ。

 

 今週はいよいよ上位チームとの対決を迎えるが、これまでの主力メンバーたちがリーグ同様に役割をこなせるかが重要。持ち前の“粘り”と“総力戦”で、連勝を誓う。

  

 JTマーヴェラスは、先週デンソーとの対決に勝利。セッターには柴田真果、ミドルブロッカーに内定選手の高橋茉莉奈(筑波大)、セッター対角に西川有喜や和田由紀子、リベロに目黒優佳、アウトサイドヒッターにヒックマン・ジャスティスらを起用した。リーグとは多くのメンバーが入れ替わったとはいえ、その堅実さは健在。今週も、序盤からいいリズムで攻撃を仕掛けていきたいところ。

 

 「チーム全体で成長し、誰がコートに立ってもコミュニケーションを取り、ハードワークしていきたい」と話す吉原知子監督の言葉通り、技量の高い若手選手たちのさらなる成長に期待がかかる。

 

 先週のヴィクトリーナ姫路戦をストレート勝利で終えた久光スプリングスは、アキンラデウォ・フォルケや中川美柚らが決定力を発揮。アウトサイドヒッターには野本梨佳や今村優香、ミドルブロッカーには濱松明日香を起用し、中堅選手と若手選手の融合で強さを見せた。

 

 今週は岡山とトヨタ車体との一戦。ラリーに持ち込まれる前に、得点力を生かして勝負を決めていけるか。リーグ優勝が叶わなかった悔しさをV Cupで果たすため、そしてチーム力の底上げのためにも、ファイナルラウンド進出を見据えて勝ち星を重ねたいところ。

 

 初週はデンソーと岡山に敗れた、トヨタ車体クインシーズ。ミドルブロッカーの成長もチーム躍進のカギを握るトヨタ車体は、杉郁香や内定選手の周田夏紀(就実高)ら若手選手も積極的に起用。また、岡山戦では、内定選手の大川愛海(八王子実践高)がアウトサイドヒッターの先発メンバーとして躍動し、攻守にわたり貢献した。

 

 この大会を通して試合経験を高め、今後のスターティングメンバーの座を勝ち取る選手も出てくるだろう。高い意識で試合に取り組む選手たちの姿は必見だ。また、V2女子との入替戦「V・チャレンジマッチ」へ向けてどう準備を重ねていくかも、チームにとっては重要な取り組みとなる。

  ここまで2戦を戦い、全勝の岡山。今週はリーグ上位チームとの連戦となる【写真:月刊バレーボール】

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021
  • デサントソックス開発秘話
  • AIR×西田有志タイアップ

pagetopbtn