gv-logo

NBP ONLINESHOP

早稲田大を支える“俺たち”の絆

  • コラム
  • 2019.05.12
堅実な守備からチームの土台を作る堀江(左)と村本(右)

堀江と村本、思い合う二人の絆

 その村本、実は、昨年からアウトサイドとして練習を始めていたが、リベロ堀江のケガも重なり、昨年の中盤からはリベロとして活動していた。そして、全日本インカレでは、ベストリベロ賞を受賞する活躍。リベロとして練習を重ねる中での苦悩を乗り越え、チームをインカレ優勝へと導いた。

 そうして、手術と厳しいリハビリを乗り越えた堀江が復帰。村本は、今年から本格的にアウトサイドへ転向した。洛南高時代に経験はあるものの、大学でアウトサイドとして試合に出場するのは今年の春季リーグ戦から。村本自身は、「自分たちが4年生になったらアウトサイドが足りないな、と思ったんです。大塚が来るとわかっていましたが、“もう一人、誰?”って(笑) 堀江は将来、日本代表でリベロをしないといけないレベルの選手なので、自分がやろうと思いました」と笑いながら話したが、松井泰二監督は“そうではない”と断言。「彼は謙遜してそう言っているのかもしれませんが(笑) 間違いなく、彼でなければできないポジションです」(松井監督)

 こう語る村本に対し、堀江は、「去年は涼平(村本)に本当に迷惑をかけたので、“ごめん”と思っていて…。でも、二人がうまく組み合わさって守備ができればいいものができる、というイメージが自分にはある。涼平は僕にできないことをいっぱいできるし、その分、涼平にできないことを僕にはできる。なので、これからもっと二人で頑張っていきたいです」と、熱い胸の内を語った。

 中学、高校と全国大会で切磋琢磨してきたライバルと、大学では仲間として——。様々な経験をしてきた中で、二人の間には強固な“絆”が築かれていた。

 

 

“僕たち”がチームを支える

 元気に声で盛り上げる堀江と、おとなしく淡々とプレーをこなす村本。「たまに、“もっと声出せよ”とイラつくこともありますが、それが涼平やから(笑)」と、堀江ははにかむ。それに対して村本は、「アウトサイドはやっぱり疲れますね。僕はあまり目立ちたくないので…(笑)」と照れ笑い。それでも、今後の意気込みを尋ねると、「守備で堅さを作っていきたい」と二人は口をそろえた。

 まったく対照的な二人だが、試合となると阿吽の呼吸でコートを守り抜くからまたおもしろい。

 互いにないものを補い合いながら、チームを支える。そんな二人は、大学バレー最後の年、仲間と共にどんな花を咲かせるのだろうか。苦楽を共にし成長を続ける“僕たち”は、また新たな物語を紡ぎ始めた。(取材:永見彩華)

春季リーグ戦では、10戦全勝(12日時点)と力を見せつける早稲田大

  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn