gv-logo

アシックスV-Swift

VNL2019男子/ドイツ制し10位で閉幕

  • 全日本男子
  • 2019.07.01


“7勝目”をあげ、最終戦を勝利で終えた日本

             

 6月28日(金)~6月30日(日)までライプチヒ(ドイツ)にて開催された『FIVBバレーボールネーションズリーグ2019』予選ラウンド第5週ドイツ大会。世界ランキング11位の日本は30日(日)、世界ランキング27位のドイツと戦った。

 

 スターティングメンバーは、福澤達哉、李博、西田有志、柳田将洋、小野寺太志、藤井直伸。リベロは山本智大、古賀太一郎。また、第3セット以降は柳田に代わり髙野直哉が、第4セット以降は藤井に代わり関田、李に代わり山内が先発で起用された。

 

 フルセットの熱戦となったドイツとの最終戦。第1セットはセッター藤井がミドルブロッカーを交え多彩な攻撃を展開。スパイカー陣がしっかり得点につなげ日本がセットを先取した。しかし、第2、第3セットと、ドイツのサーブにおされた日本は思うように得点を重ねられず。セットを連取され苦しい展開となった。それでも何とか第4セットを奪い返すと勝負は第5セットへ。第5セットは、出だしから福澤や西田が奮起しリードを保った日本。最後は、粘るドイツを振り切り、勝利で最終日を締めくくった。なお、日本の最終結果は、7勝8敗で10位。この結果を糧に、10月に開催される『ワールドカップ2019』ではメダル争いを展開できるか、今後の日本代表の活躍に注目だ。

 

 また、西田が予選ラウンドを通して、ベストスコアラー、ベストサーバーで1位をマーク。高い得点力でチームに貢献した。国際大会で実力を見せつけた19歳の若きエースの、さらなる飛躍に期待したい。

(写真:FIVB)

 

 

■試合結果

日本 3(25-17,23-25,21-25,25-18,15-9) ドイツ

予選ラウンドで大会を終えた日本。悔しい結果となった
勝利に沸く日本
大会を通しての課題や手ごたえを生かし、今後さらなる強化に励む

  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • ザムストお悩み解決プレゼントキャンペーン
  • かみす防災アリーナLP
  • ミズノ×月バレ WAVELIGHTNING-Z6
  • zamst×大村工高
  • zamst×金蘭会高
  • macdavid
  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn