gv-logo

NBP ONLINESHOP

WC2019男子/第4日目 結果

  • 全日本男子
  • 2019.10.06

 ワールドカップバレー2019男子大会、10月5日(土)の試合結果。ブラジルが全勝で1位をキープ。4位~9位までが2勝2敗と並んでおり、順位争いを懸けた後半戦の戦いぶりから目が離せない。(写真:FIVB)

【Aサイト】ポーランド 〇3(27-29,25-17,25-18,26-24) アルゼンチン

 アルゼンチンは、ウイングスパイカーのハン・マルティネスやオポジットのブルーノ・リマ、ミドルブロッカーのアグスティン・ロセルらが平均的に得点を重ねセットを先取。しかし、第2セットから出場したウィルフレド・レオンが20得点と躍動すると、ポーランドが3セットを連取し勝利した。

20得点をあげたウィルフレド・レオン

【Aサイト】イタリア 〇3(25-19,25-21,25-18)● チュニジア

 イタリアは、今大会を通して得点源として活躍するガブリエレ・ネッリが21得点をあげる活躍。堅実なブロックも冴えると、ここまでまだ1勝もあげていないチュニジアに快勝した。

試合後におちゃめな一面を見せるガブリエレ・ネッリ(左)とマッテオ・ピアノ(右)

【Aサイト】アメリカ 〇3(25-19,25-19,25-21)0● 日本

 身長205センチのミドルブロッカー、マックスウェル・ホルトの高いクイックやサーブ、ブロックが冴えたアメリカ。チームとしてもサーブとブロックが機能し日本を圧倒した。

25歳のベンジャミン・パッチも高い身体能力を生かし活躍

【Bサイト】カナダ 〇3(27-25,27-25,16-25,22-25,15-9)2● エジプト

 2セット連取したカナダに対し、アハメド・シャフィクを中心に得点しセットを奪い返したエジプト。勝負はフルセットの熱戦となった。しかし、最後は意地を見せたカナダが主将のニコラス・ホーグの奮闘も光り、接戦を制した。

チーム最多得点をマークした27歳の主将ニコラス・ホーグ(左・カナダ)

【Bサイト】ブラジル 〇3(25-16,25-22,25-22)● ロシア

 25歳のオポジット、アラン・ソウザがスパイクやサーブで得点し存在感を発揮。ミスで24得点を献上したロシアは終始流れを作れず、首位を走るブラジルにストレート負けを喫した。

大会を通して健闘光る#21アラン・ソウザ

【Bサイト】イラン 〇3(25-22,18-25,25-18,27-25)1● オーストラリア

 アジア同士の対決となった一戦。リンカーン・ウィリアムズらが活躍を見せセットこそ奪ったオーストラリアだったが、イランもオポジットのアミル・ガフールが堅実に得点を重ね勝利。オーストラリアは11位と苦しい戦いが続いている。

#2ミラド・エバディプールも巧みな攻撃で得点を重ねた(イラン)

***第3日目終了時点順位表***

1位:ブラジル 4勝0敗(勝ち点12)

2位:アメリカ 3勝1敗(勝ち点10)

3位:ポーランド 3勝1敗(勝ち点9)

位:エジプト 2勝2敗(勝ち点7)

5位:日本 2勝2敗(勝ち点6)

6位:アルゼンチン 2勝2敗(勝ち点6)

7位:イラン 2勝2敗(勝ち点6)

8位:ロシア 勝2敗(勝ち点6)

9位:イタリア 2勝2敗(勝ち点5)

10位:カナダ 1勝3敗(勝ち点3)

11位:オーストラリア 1勝3敗(勝ち点2)

12位:チュニジア 0勝4敗(勝ち点0)

 

熱戦が繰り広げられているワールドカップバレー2019。世界に挑む日本代表を応援する一冊『スペシャルサポーターズブック RED RISE』好評発売中!!

お求めはコチラ


  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn