gv-logo

【東海インターハイ】大会一日目/予選グループ戦が終了

  • 高校生
  • 2018.07.27

 7月26日(木)に開幕した「平成30年度全国高等学校総合体育大会(東海インターハイ)」。本日、27日(金)は全国から集まった56チームで予選グループ戦が行われた。翌日から繰り広げられる決勝トーナメントへ向け、42チームへと絞られた。

実力派カルテット『ライジング4』を擁する洛南高

 世代を代表するメンバーが集まる優勝候補の洛南高(京都)を始め、昨年度インターハイを制した鎮西高(熊本)、関東大会王者の埼玉栄高(埼玉)などが順当に勝ち上がった。そんな中、初出場の福島商高(福島)は習志野高(千葉)に敗れたものの、敗者復活戦で地元・三重県の応援を一身に受ける松阪工高に勝利し、全国での初勝利を遂げる一幕も。

 いよいよ、明日からは決勝トーナメントへと突入する東海インターハイ。星城vs.大村工など、1試合目から熱戦が予想される。今年の王者となるのは、いったいどこだ⁉

 

◇予選グループ戦 速報(日本バレーボール協会HP)

https://www.jva.or.jp/index.php/results/scorebox/365

◇決勝トーナメント (月刊バレーボールfacebookより)

◆地元代表・皇學館高「声援はほんとうにありがたかったです」

 コートが4面張られた会場にも関わらず、大声援が響く。地元・三重県の第二代表となった皇学館の応援だ。7年ぶりの出場を勝ちとり、予選グループ戦の相手は7年連続出場の東海大付札幌(北海道)。20‐25で第1セットを落としたが、粘りを見せ27‐25で第2セットを奪い返し、勝負はフルセットにもつれ込んだ。1点を取るごとに選手も応援団も歓喜に沸いたが、結果は敗退。敗者復活戦の近江戦でも悔しいストレート負けとなった。

 中林祐介監督は「どこかで甘えが出てしまいました。出られて満足していては全国では勝てないですね」と試合を振り返ったが、「声援はほんとうにありがたかったです」と応援団に感謝し、7年ぶりのインターハイの幕を閉じた。

地元の声援を受けて戦った皇學館高

東海インターハイ 出場校選手名鑑つき

月刊バレーボール8月号 大好評発売中!!

お買い求めはコチラ⇒http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001089/

東海インターハイ まるっと報道号

月刊バレーボール9月号は8月10日(金)発売予定!!

  • インターハイ2021

pagetopbtn