gv-logo

【アジア競技大会】全日本女子、中国に敗北

  • 女子日本代表
  • 2018.08.31

 

 第18回アジア競技大会(ジャカルタ・パレンバン)のバレーボール競技は8月31日(金)に女子のセミファイナルが行われ、全日本女子は中国に0−3(22-25,10-25,20-25)で敗れた。全日本は石井優希が気を吐くも、中国の“世界ナンバーワンアタッカー”朱婷(シュ,テイ)や、“新星”李盈瑩(リ,エイエイ)らの攻撃を跳ね返すことができなかった。

強敵中国に対して、第1セットは先行する試合展開を見せた

 

井上琴絵のディグに会場が湧いた

 次戦は、9月1日の12:30(日本時間14:30)より、韓国と銅メダルをかけて戦います。

 

 

 なお、同日に行われた他試合の結果は以下のとおり。

女子

<9-10位>

チャイニーズタイペイ 3(25-21,25-16,25-15)0 インド

5-8位>

ベトナム 3(29-27,18-25,25-22,25-22)1 インドネシア

フィリピン 2(11-25,25-22,15-25,25-19,14-16)3 カザフスタン

<セミファイナル

タイ 3(25-15,25-20,20-25,25-22)1 韓国

 

男子

<9-10位>

サウジアラビア 0(15-25,10-25,17-25)3 中国

<13-14位>

スリランカ 3(25-21,25-21,25-20)0 ベトナム

<15-16位>

ネパール 30 キルギスタン

  • インターハイ2021

pagetopbtn