gv-logo

【男子世界バレー】第2次R開幕。死のH組はともに激戦!!

  • 海外ニュース
  • 2018.09.23

F組(ブラジル、ベルギー、スロベニア、オーストラリア)

スパイクを通さない!! ブラジル(コート奥)のブロック

ブラジル3(25-21,25-22,25-15)0オーストラリア

スロベニア3(28-26,28-26,25-19)0ベルギー●

 波乱の第1次ラウンドを首位通過したブラジルは、“バレールーズ”オーストラリアを難なく撃破。ブルーノ・レゼンデ主将は「驚いているよ。第1次ラウンドでは苦労したし、オーストラリアも強い相手だから。1、2セット目は課題もあったが、3セット目で自分たちのカウンターアタックを発揮することができた」と手応えを口にした。

 第1次ラウンドで同組だったスロベニアとベルギーは再戦。ベルギーはサム・デルーが両チーム最多17得点をマークするも、相手のサーブに苦戦。スロベニアが“連勝”を果たした。

 

G組(アメリカ、ブルガリア、イラン、カナダ)

カナダ(左)とアメリカ(右)による、ハイレベルな北米対決

アメリカ3(25-17,25-14,21-25,25-17)1カナダ

ブルガリア3(25-19,28-26,26-24)0イラン

 

 アメリカはマシュー・アンダーソンが22得点でチームを牽引し、カナダに勝利。アメリカのジョー・スパロー監督は「はるかに素晴らしい相手に対して、精力的に戦えた」と喜ぶ一方、カナダのステファン・アンティガ監督は「ブラジル戦やフランス戦と同じようにチャンスはあったのに、ミスから逃してしまう。残念だ」と肩を落とした。

 地元の大声援を背に戦うブルガリアは、イランとの競り合いを制し、ストレート勝利。7本のサービスエースをあげたトドル・スクリモフは、「第1次ラウンドのバルナでは、この武器を持ってこなかったんだ。ソフィアに来るまで忘れていたよ(笑) そう、サーブはいちばん最初の攻撃手段なんだ」と充実の表情を浮かべた。

 

H組(セルビア、ポーランド、フランス、アルゼンチン)

激闘を制し、セルビアは歓喜

セルビア3(23-25,26-24,25-20,18-25,18-16)2フランス

アルゼンチン3(16-25,25-19,25-23,23-25,16-14)2ポーランド

 

 第2次ラウンドでもとりわけ“死のグループ”となったH組。その初戦から戦いは熾烈を極め、セルビアとフランスは大激戦に。アレクサンダル・アタナシエビッチが38得点をあげてセルビアが勝利し、ニコラ・グルビッチ監督は「フランスを戦う時はいつも難しい試合になります。久しぶりの勝利ですかね、選手たちを誇りに思います」とコメントした。

 もう一つのアルゼンチンとポーランドの一戦もフルセットになった。名将フリオ・ベラスコ監督の戦術が的中したか、ブロックの数はポーランドの7に対し、17。「4年前にアメリカを倒した時と似た状況。これがスポーツです!」とベラスコ監督は声をあげた。

  • インターハイ2021

pagetopbtn