gv-logo

アシックスV-Swift

石川祐希がミラノ入団。活躍誓う

  • 全日本男子
  • 2020.06.11

 さらなるステップアップを目指して。プロバレーボールプレーヤーの石川祐希が6月11日(木)にリモートによる記者会見を開き、2020/21クラブシーズンの所属先がイタリア・セリエAのミラノであることを発表した。2018年に中央大を卒業後、2018/19シーズンのシエナ、2019/20シーズンのパドヴァに続き、イタリアでプロ3シーズン目を戦うことになる。

記者会見で意気込みを語った石川(写真:株式会社グッドオンユー)

 会見で強く口にしたのは、「世界のトッププレーヤーになる」という目標だ。これは、世界最高峰リーグの一つと称されるセリエAで戦い続ける理由でもある。

 

 2019/20シーズンを振り返ると、石川が所属したパドヴァはトレンティーノやモデナといった強豪4チーム“トップ4”の一角から勝ち星を挙げ、石川も自身初となるゲームのMVPを獲得した。対するミラノも同様に、ペルージャやルーベというトップ4勢から勝利をあげ、一時は4位につけるなど上位4強に食い込む戦いを見せていた。

 

 コロナ禍のためレギュラーシーズン終盤で中止となったが、最終成績はパドヴァが7位、ミラノが5位。石川にとって来季の所属先を考えるうえで、「パドヴァ以上の成績を残しているチーム」への思いが背景にあり、「レベルの高いチームで戦えることは自分にとってプラスである」と語った。

19/20シーズンではトップ4に肉薄したミラノ

 ミラノは昨シーズン、オポジットのニミル・アブデルアジズ(オランダ)がリーグ最多得点をマークする活躍でチームを牽引、ネマニャ・ペトリッチ(セルビア)とトレボール・クレブノ(フランス)の両アウトサイドヒッターが攻守双方で高いパフォーマンスを発揮した。

 

 だが、すでにペトリッチはモデナへ、クレブノはピアチェンツァへの移籍が決定。中でもクレブノについて石川は「自分とタイプが似ている選手」と分析しており、「おそらく、その(クレブノ)のポジションに入るのかなと。何より自分は世界と比べると身長も低いので、期待されるディフェンス面だけでなく、全部できないといけない。ディフェンス、オフェンス両面で要になることが求められていると感じています」と意気込んだ。

 

 世界のトッププレーヤーへの階段を着実に上がる石川の、新天地での戦いが始まる。

昨年11月にはトレンティーノから金星をあげ、自身もMVPに

2019/20シーズンを振り返る、ロングインタビューを掲載

『月刊バレーボール』7月号6月15日(月)に発売!

お求めはNBPオンラインショップまで(コチラ


  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • ザムストお悩み解決プレゼントキャンペーン
  • かみす防災アリーナLP
  • ミズノ×月バレ WAVELIGHTNING-Z6
  • zamst×大村工高
  • zamst×金蘭会高
  • macdavid
  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn