gv-logo

アシックスV-Swift

ITA20/21[第4節]ミラノの石川がモデナ撃破へ牽引

  • 海外ニュース
  • 2020.10.13

 ボンジョールノ! 世界最高峰リーグの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』!! 石川祐希がプレーするミラノが今季初めてトップ4との対戦に挑みました(Photo:Legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ

■ミラノがモデナ撃破。石川は今季レギュラーシーズン2度目のMVP! 

[MATCH OF THE ROUND]

ミラノ 3(26-24,25-19,20-25,26-24) モデナ

〔10/11@モデナ〕

 日本バレーボール界のトップランナー石川祐希(日本)が初めてイタリア・セリエAに身を投じたのは2014/15シーズンのこと。最多12度のスクデッド(リーグタイトル)を誇る名門モデナと短期契約を結び、さらなる高みを見た。“トップ4”モデナは、イタリアでプレーする石川のある意味、原点ともいえるだろう。今節はモデナとの今季初対戦、敵地に乗り込んでの一戦となった。

激しい攻防が繰り広げられた

 試合は拮抗した展開となった。第1セットはジュースに、それでもミラノはOPジャン・パトリ(フランス)が得点を重ね、2セットを連取する。対するモデナも、今季ブレイクの予感が漂うOPマツォッラ・エストラーダ(キューバ)、将来を有望視されるOHダニエレ・ラビア(イタリア)が第3セット開始からコートに立つと反撃をスタート。第3セットを奪い返し、第4セットも終盤までリードする。

 

 あわやフルセットもよぎる展開だっだが、最後はミラノがひっくり返して、勝利した。ゲームのMVPにはこの日22得点をあげた石川が選出。コッパイタリアも含めると、すでに今季3度目のMVPであり、石川はミラノの大黒柱として君臨している。

モデナのホーム、パラ・パニーニで、まさに成長した姿を見せた石川

************

ラヴェンナ 3(25-22,25-21,25-21)0 チステルナ

〔10/11@ラヴェンナ〕

 今季初勝利を懸けた、3戦全敗どうしの対戦はラヴェンナに軍配。OPジュリオ・ピナーリ(イタリア)がチーム最多19得点、OHパオロ・ゾンカ(イタリア)が13得点と、今季加入の2人が活躍を見せた。

今季初勝利を喜ぶラヴェンナ

ヴァレンティア 3(25-23,26-24,23-25,25-22)1 パドヴァ

〔10/11@パドヴァ〕

 ホームのパドヴァはOPシュテルン・トンチェク(スロベニア)が22得点、MBマルコ・ビテッリ(イタリア)が5本のブロックポイントをあげたが、ヴァレンティアのアタッカー陣が前節のミラノ戦に続き好調をキープ。ヴァレンティア、2連勝で勝敗をタイに。

OHトリー・デファルコ(写真コート奥中央)のアタック

ペルージャ 3(25-22,25-22,25-23)0 ヴェローナ

〔10/11@ヴェローナ〕

 題して、キングの刃(やいば)!? ペルージャのエースOHウィルフレド・“キング”・レオン(ポーランド)がこの試合もチーム最多20得点をマークし、ストレート勝ちに貢献。レオンは開幕4試合で3度の20得点超え、と絶好調だ。

相手にとって脅威以外の何物でもない、レオン(写真コート奥左から3番目)

ルーベ 3(25-21,25-23,25-200 モンツァ

〔10/11@モンツァ〕

 今夏の測定で最高到達点379センチを記録した、ルーベの“鳥人”MBロベルランディ・シモン(キューバ)。その高さを存分に生かし、この試合ではブロックポイント3本、サービスエース5本、計14得点の活躍で、堂々のMVPに輝いた。

ルーベが擁する世界トッププレーヤーたちの、ハイ!レシーブ♫

トレンティーノ 3(25-22,25-13,25-21)0 ピアチェンツァ

〔10/11@ピアチェンツァ〕

 前節で大車輪の活躍を見せたピアチエンツァのOHアーロン・ラッセル(アメリカ)は昨季まで在籍したトレンティーノと対戦。古巣に勝利…、といきたかったが、この日は8得点と沈黙。トレンティーノがOHディック・コーイ(イタリア)が3本のブロックポイント、OPニミル・アブデルアジズ(オランダ)がチーム最多20得点をあげるなど攻守で上回り、ストレート勝ちを収めた。

今季の目玉。トレンティーノのOHリカルド・ソウザ(ブラジル/写真左端)も徐々にエンジンがかかってきている様子

セリエA男子 レギュラーシーズン順位(round4終了時)》

1 ペルージャ 4勝0敗(勝ち点12)-

2 ルーベ 4勝0敗(勝ち点11)-

3 ミラノ 3勝1敗(勝ち点9)▲

4 モデナ 2勝2敗(勝ち点6)▼

5 トレンティーノ 2勝2敗(勝ち点6)▲

6 ピアチェンツァ 2勝2敗(勝ち点6)-

7 ヴェローナ 2勝2敗(勝ち点6)▼

8 ヴァレンティア 2勝2敗(勝ち点6)▲

9 ラヴェンナ 1勝3敗(勝ち点4)▲

10 モンツァ 1勝3(勝ち点4)▼

11 パドヴァ 1勝3敗(勝ち点3)▼

12 チステルナ 0勝4敗(勝ち点0)-

※勝敗(勝ち点)。記号は前節からの順位推移

 

(責任編集:GUCII<坂口功将>)


  • デサントプレゼントキャンペーンFW
  • ザムストお悩み解決プレゼントキャンペーン
  • かみす防災アリーナLP
  • ミズノ×月バレ WAVELIGHTNING-Z6
  • zamst×大村工高
  • zamst×金蘭会高
  • macdavid
  • ミズノREDFORJAPAN
  • ミズノママさん限定プレゼントキャンペーン
  • 東海大札幌高
  • インターハイ2019
  • 全国専門学校選手権2019
  • 日本航空高
  • ミズノWAVE LIGHTNING-Z5
  • 関東高等学校バレーボール選手権2019

pagetopbtn