gv-logo

アメリカ女子が五輪の登録12名を発表。アキンラデウォやドルーズら選出

  • 海外ニュース
  • 2021.06.09
TwitterFacebookLine

<代表でプレーするドルーズ(写真左)/Photo:FIVB>

 

 女子アメリカ代表は6月7日、今夏の東京2020オリンピックで出場登録される12名を発表した。3度のオリンピック出場と2つのメダル獲得(2012年:銀、2016年:銅)の実績を持つジョーダン・ラーソンのほか、Vリーグの久光スプリングスでプレーするフォルケ・アキンラデウォやJTマーヴェラスのアンドレア・ドルーズらも選出された。

 12名は以下のとおり。

 

<背番号/名前/身長/ポジション>※背番号は発表時

 

1 マイカ・ハンコック/180センチ/セッター

2 ジョーディン・ポールター/188センチ/セッター

4 ジャスティン・ウォン-オランテス/168センチ/リベロ

10 ジョーダン・ラーソン/188センチ/アウトサイドヒッター

11 アンドレア・ドルーズ/191センチ/オポジット

12 ジョーダン・トンプソン/193センチ/オポジット

14 ミシェル・バーチ-ハックリー/190センチ/アウトサイドヒッター

15 キンバリー・ヒル/193センチ/アウトサイドヒッター

16 フォルケ・アキンラデォ/191センチ/ミドルブロッカー

22 ヘイリー・ワシントン/190センチ/ミドルブロッカー

23 ケルシー・ロビンソン/188センチ/アウトサイドヒッター

24 チアカ・オグボグ/188センチ/ミドルブロッカー

監督 カーチ・キライ

 

 なお、補欠選手は、キャサリン・プラマー、サラ・ウィルハイト、メーガン・コートニー(以上、アウトサイドヒッター)、ローレン・カーリニ(セッター)、テトリ・ディクソン、ハンナ・タップ(以上、ミドルブロッカー)の6名。

 

 現在、イタリアで開催されているネーションズリーグ2021でアメリカは、第3週を終えて9戦全勝。大会3連覇(※2020年は中止)へと突き進んでいる。

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn