gv-logo

インターハイ女子 就実、金蘭会、下北沢成徳、都城商がベスト4入り 都城商は県勢初の快挙

  • 高校生
  • 2021.07.30
TwitterFacebookLine

 令和3年度全国高等学校総合体育大会(北信越インターハイ)女子大会の決勝トーナメント3、4回戦(準々決勝)が7月30日(金)にいしかわ総合スポーツセンター(石川)で行われた。就実(岡山)、金蘭会(大阪)、下北沢成徳(東京)、都城商(宮崎)がベスト4進出を決めた。

 

 

 

 

3回戦で1セットを失うも勝ち上がってきた就実【写真:月刊バレーボール】

 

 

 昨年度の春高を制し、2年前のインターハイ優勝校でもある就実は、3回戦の福岡女学院(福岡)戦で今大会初めてセットを落とした。その後逆転勝ちし、準々決勝の鹿児島南(鹿児島)戦でストレート勝ちを飾ったが、西畑美希監督は「自分たちが何をしたいのか。意志が感じられない」と厳しい口調。深澤つぐみキャプテンと姉のめぐみを中心に、モヤモヤした雰囲気を打ち破りたい。

 

 

 

上村杏菜や井上未唯奈ら1、2年生が力をみせる金蘭会【写真:月刊バレーボール】

 

 

 エースの吉武美佳以外は1、2年生がスタメンの金蘭会は、爆発力が魅力。準々決勝の九州文化学園(長崎)戦は第1セット中盤までリードを許したが、1年生の上村杏菜のスパイクや同じく1年生の井上未唯奈のブロックなどで逆転。第2セットは危なげなく奪い、ここまで失セット数0で勝ち上がる。

 

 

 

谷島里咲、濱村ゆいの2枚エースを軸に勝ち上がってきた下北沢成徳【写真:月刊バレーボール】

 

 

 金蘭会と同じく1セットも落としていないのが下北沢成徳。谷島里咲、濱村ゆいの両エースや、ライトの佐藤彩夏など、スパイカー陣の破壊力は抜群。また、レシーブ力も高く、リベロの伊藤鈴夏、内澤明未をはじめとした粘り強い守りで、安定した攻撃につなげる。

 

 

 

県勢初のベスト4入りを果たした都城商【写真:月刊バレーボール】

 

 

 唯一の公立校として、県勢初のベスト4入りを果たしたのが都城商。サウスポーの甲斐理香菜らが緩急のあるスパイクを決め、準々決勝では東海大会優勝の岡崎学園(愛知)にストレート勝ち。松元一太監督は「大きな選手はいませんが、柔道で金メダルをとったウルフ(・アロン)選手のように泥臭く勝てばいい。明日も泥臭く、小さくても頑張れるところを見せたいです」と意気込んだ。

 

 

 31(土)はいしかわ総合スポーツセンターにて準決勝と決勝戦が行われ、準決勝では就実と金蘭会、下北沢成徳と都城商が対戦する。

 決勝トーナメントの勝ち上がりは以下のとおり。

 

 

 

 

インターハイ出場選手名鑑付きの特集号(8月号)が好評発売中‼︎

ご購入はこちらから

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001886/

 

 

大会名:令和3年度全国高等学校総合体育大会(北信越インターハイ)

会場:いしかわ総合スポーツセンター、金沢市総合体育館

日程:7月28日 女子予選グループ戦&敗者復活戦(終了)

   7月29日 女子決勝トーナメント 1・2回戦(終了)

   7月30日 女子決勝トーナメント 3・4回戦(終了)

   7月31日 女子決勝トーナメント 準決勝・決勝

   8月  3日 男子予選グループ戦&敗者復活戦

   8月  4日 男子決勝トーナメント 1・2回戦

   8月  5日 男子決勝トーナメント 3・4回戦

   8月  6日 男子決勝トーナメント 準決勝・決勝

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn