gv-logo

男子日本代表 ポーランドにストレートで敗れ2敗目

  • 男子日本代表
  • 2021.07.30
TwitterFacebookLine

 

安定したサーブレシーブを返球した髙橋【写真:FIVB】

 

 

 東京2020オリンピックのバレーボール競技は有明アリーナ(東京都江東区)で7月30日(金)に男子予選ラウンド4日目が行われ、日本はポーランドにセットカウント0-3で敗れ、2敗目を喫した。

 

■東京2020オリンピック 男子予選ラウンドA組  4日目

 

日本(2勝2敗) 0-3 ポーランド(3勝1敗)

(22-25,21-25,24-26)

 

日本のスターティングメンバー:山内、西田、髙橋、小野寺、関田、石川、リベロ山本

 

 

 第1セット序盤、ポーランドのW.レオンやM.ビエニエクにスパイクを決められ7-10とリードされるも、日本は石川や髙橋が得点を奪い、11-13と追いかける。直後に髙橋と西田が連続でスパイクを決めて14-14と追いつき、終盤まで得点を奪い合う展開が続くが、ポーランドに連続でスパイクを決められ19-21とリードを許し、そのまま22-25でセットを先取される。

 

 第2セットは5-5からポーランドに5連続得点され5-9と苦しい展開。中盤に西田や石川、途中出場の高梨らが得点を重ね16-19と追い上げるが、ポーランドのA.シリウカやB.クレクらに連続で得点され、セットを連取される。

 

 流れを変えたい第3セットは、スタートから高梨がスタメン出場。序盤から石川が得点をしてリズムを作るも、お互いにサイドアウトを繰り返す展開が続く。15-15から西田のバックアタックと小野寺のブロックポイントで17-15と逆転に成功し、その後も石川や西田が得点を重ね、20-18とリードする。しかし20点以降、A.シリウカやB.クレクに得点され逆転を許すと、最後は石川がシャットアウトされ24-26でセットを落とし、ストレートで敗れた。

 

 

 

ガッツあふれるプレーでチームを鼓舞するセッターの関田【写真:FIVB】

 

 

中垣内祐一監督コメント

集中力を持って試合に入ることができ、それが最後まで続いたとは思うが、ポーランドの高いスパイクやブロックに苦しめられた。次のイラン戦も今日のような集中を持って、ポーランドよりは高さが落ちるので、我々の持ち味を生かしていきたい。

 

西田有志コメント

イタリア戦よりもポーランド戦の方が戦える部分はあったが、そこが結果に結びついていないという歯がゆさはある。高さのあるチームと試合をしており、その中での対応はできてきているが、まだ100%できているわけではないので、追及して自分なりにコンディションを合わせていきたい。時間があるので、自分たちを見返して次の試合につなげたい。

 

■男子グループA順位

1位 ポーランド   3勝1敗(勝点10)

2位 イタリア    3勝1敗(勝点8)

3位 カナダ     2勝2敗(勝点7)

4位 日本         2勝2敗(勝点6)

5位 イラン     2勝2敗(勝点5)

6位 ベネズエラ   0勝4敗(勝点0)

 

※勝敗数と勝点が同じ場合は、セット率、得失点率の順で順位が決定

 

■次戦

8月1日(日) 19時40分~

対戦相手:イラン(FIVBランキング12位/30日時点)

 

ライブ配信はこちら

https://sports.nhk.or.jp/olympic/schedules/sports/volleyball/

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn