gv-logo

マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2021第5戦 髙橋/マルキ組と石坪/柴組が初優勝を飾る

  • ビーチバレー
  • 2021.09.21

 国内ビーチバレーボール最高峰のマイナビジャパンビーチバレーボールツアー2021第5戦の都城大会第22回ビーチバレー霧島酒造オープンが、9月18日(土)~20日(月・祝)に焼酎の里霧島ファクトリーガーデン(宮崎県都城市)で開催され、男子は髙橋巧/マルキナシム組、女子は石坪聖野/柴麻美組がいずれも初優勝を飾った。

 今大会は男女各12チームが出場。3チームずつ、4つのプールに分かれて総当りのリーグ戦を行い、各プール上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進出し優勝を争った。

 

 

【写真】石坪/柴組、髙橋/マルキ組ら選手たちのフォトギャラリー

 

 

 女子決勝に進出したのは、準決勝でそこまで失セット0だったの坂本/沢目組にストレートで勝利した石坪/柴組と、ツアー大会で初の決勝進出を果たした松本(恋)/松本(穏)組の対戦となった。第1セット、松本(恋)/松本(穏)組の前後を揺さぶる攻撃に対応した石坪/柴組が21-17でセット先取すると、第2セットも石坪/柴組が相手のお株を奪うショットやポーキーで得点を重ね、21-14でセットを奪いツアー大会初優勝を決めた。優勝した石坪/柴組の柴は、「チームを組んで5年になり、決勝に進出したことはあったが優勝したことはなかったのでほんとうにうれしい」と語った。

 

 

ツアー大会初優勝を飾った石坪/柴組 【photo:JVA BEACH】

 

 一方の男子決勝は、ここまで3戦開催されたジャパンツアーで優勝している石島/白鳥組を準々決勝で破った髙橋/マルキ組と、危なげなく順調に勝ち上がってきた第2シードの土屋/長谷川組が対戦。第1セット、高橋/マルキ組は髙橋のレシーブからマルキが高さとパワーを生かして強打を決める。土屋/長谷川組は土屋のトリッキーなショットやポーキー、長谷川のブロックで応戦するも、最後はマルキが2連続で得点し23-21で髙橋/マルキ組が先取する。第2セットは髙橋/マルキ組が優位に展開し、21-14でセットを連取。ペア結成後、初優勝を飾った。髙橋は「新しいチームになり、名古屋大会では優勝を逃してしまったが、いろんな方のおかげで優勝することができた。ほんとうにありがとうございました」と話した。

 

 

ペア結成後、初の優勝となった髙橋/マルキ組 【photo:JVA BEACH】

 

 

■最終順位

 

・女子

優勝  

石坪聖野(アットホーム)/柴 麻美(帝国データバンク)

 

準優勝 

松本 恋(Mt.dogs)/松本 穏(Mt.dogs)

 

3位  

長谷川暁子(NTTコムウェア)/坂口由里香(大樹グループ)

坂本実優(キュービック・スポット・KLB)/沢目 繭(ミライラボバイオサイエンス・湘南ベルマーレ・KLB)

 

 

・男子

優勝  

髙橋 巧(ANAあきんど)/マルキナシム(トヨタ自動車)

 

準優勝 

土屋宝士(恵比寿丸)/長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)

 

3位  

庄司憲右(愛媛県競技力向上対策本部・湘南ベルマーレ)/倉坂正人(三菱オートリース)

清水啓輔(N&N corporation・中部土木)/ 黒川寛輝ディラン(SHINAGAWA CITY)

 

 

【試合結果の詳細はこちら】

https://beach.jva.or.jp/14763/

 

 

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn