gv-logo

[ロシア21/22]第1節 昨季王者のモスクワは開幕戦で辛勝

  • 海外ニュース
  • 2021.10.06

世界三大リーグの一角、ロシア・スーパーリーグ男子の模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SUPER LEAGUE RUSSIA』。2021/22シーズンがスタートです!

(Photo:volley.ru/Deta:VolleyService.ru

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■デニス・ボグダン、ロマナス・スクレビチャフ投入でモスクワが逆転勝ち

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第1節》モスクワ 3–2 ベルゴロド

(25-21,28-30,19-25,25-22,15-10)

(現地10/2)

 昨季国内2冠王者のモスクワはホームでの開幕戦。第1セットを幸先よく先取したが、ベルゴロドの反撃に見舞われる。第2セットを競り合いの末に落とすと、続く第3セットもベルゴロドのOPモハメド・アルハクダディ(モロッコ)のアタックを止めることができず、また5本の被ブロックを喫するなど攻めあぐめ、奪われる苦しい展開に。

 

<モスクワは次世代を担う司令塔パンコフ(写真右から3番目)が率いる>

 

 そこで第4セット開始時からOHヤロスラフ・ポドレスニフ(ロシア)をOHデニス・ボグダン(ロシア)に交代すると、この選手起用が的中。ボグダンが安定したサーブレシーブでチームを立て直すと同時に、コンスタントに得点を重ねる。こうしてセットカウントをタイに戻すと、今度は最終第5セット開始時からコートに立ったOHロマナス・スクレビチャスがアタック決定率70%、7得点の活躍を見せて逆転勝利。モスクワのコンスタンティン・ブライヤンスキ監督は「途中交代で入り、素晴らしいプレーを見せてくれた2人に感謝したい」と褒めちぎった。

 

<ベルゴロドは名門復活へ、シーズンを歩み出した>

 

 薄氷を踏みながらも開幕戦白星スタートとなったモスクワは、OHアントン・セミシェフがチーム最多24得点、OPツベタン・ソコロフが20得点と続いた。一方のベルゴロドは敗れたものの、アルハクダディが3本のサービスエースを含む27得点とアンストッパブルな活躍。最下位に沈んだ昨季との違いを感じさせる船出だった。

 

*****

 

◆《第1節》ニジニ・ノヴゴロド 3–0 ウファ

(25-22,25-23,25-19)

(現地10/2)

 アウェーのニジニ・ノヴゴロドはOPレオ・アンドリッチ(クロアチア)がチーム最多15得点、OHアレクサンデル・パトリキンが11得点と続き、ストレート勝ちを収めた。「私たちにはスター選手はいないが、チームとして戦うんだ」とノヴゴロドのアンドレイ・ドラニシコフ監督はコメントした。

 

++++

◆《第1節》カザン 3–0 クラスノヤルスク

(25-21,25-15,25-21)

(現地10/2)

 強豪カザンはチーム合計でブロックポイント12本、サービスエース7本といずれもクラスノヤルスクを上回り快勝。在籍2季目のOHバルトシュ・ベドノシュ(ポーランド)がチーム最多14得点をマークした。

<カザンに今季新加入のOHドミトリー・ボルコフ(ロシア/写真左端)は12得点>

 

++++

◆《第1節》レニングラード 3–2 ケメロヴォ

(15-25,25-23,25-23,16-25,15-13)

(現地10/2)

 セットごとに流れが行き来した試合は、アウェーのレニングラードがフルセットの末に勝利。OPマキシム・ジガロフ(ロシア)がチーム最多20得点、OHマルコ・イボビッチ(セルビア)が15得点と続いた。

<ケメロヴォの注目は新加入のOPアラン・ソウザ(ブラジル/写真コート奥左端)>

 

++++

◆《第1節》ノヴォシビルスク 3–0 スルグト

(25-21,25-19,25-14)

(現地10/2)

 ノヴォシビルスクはOPドラジェン・ルブリッチ(セルビア)の15得点を筆頭に、4選手が2桁得点をマーク。MBドミトリー・リジク(ロシア)が5本、OHセルゲイ・サビン(ロシア)が4本のサービスエースを決めるなど、スルグトを圧倒した。

<ノヴォシビルスクのルブリッチ。豪打に大きな期待がかかる>

 

++++

◆《第1節》サンクトペテルブルク 3–0 オレンブルク

(25-15,25-19,25-17)

(現地10/2)

 ホームで開幕戦を迎えたサンクトペテルブルクはサーブから攻めたてた。OHエゴール・クリュカ(ロシア)とOPイバン・ポドレビンキン(ロシア)がともに4本のサービスエースを奪うと、守ってはMBパシトスキ・ドミトリー(ロシア)が4本のブロックポイントをマーク。白星発進を飾った。

<サンクトペテルブルクのMBイバン・ヤコブレフ(ロシア/写真中央)は信頼厚き男>

 

++++

◆《第1節》ウレンゴイvs.ニジネヴァルトフスク

…12月27日に実施予定

 

ロシア・スーパーリーグ男子 レギュラーシーズン

==順位表/第1節終了時点==

1 サンクトペテルブルク 10(勝ち点3)

2 ノヴォシビルスク 10(勝ち点3)

3 カザン 10(勝ち点3)

4 ニジニ・ノヴゴロド 10(勝ち点3)

5 モスクワ 10(勝ち点2)

6 レニングラード 10(勝ち点2)

7 ケメロヴォ 01(勝ち点1)

8 ベルゴロド 01(勝ち点1)

9 ウファ 01(勝ち点0)

10 クラスノヤルスク 01(勝ち点0)

11 スルグト 01(勝ち点0)

12 オレンブルク 01(勝ち点0)

- ウレンゴイ 00(勝ち点-)

- ニジネヴァルトフスク 00(勝ち点-)

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

  • インターハイ2021

pagetopbtn