gv-logo

定期購読

世代No.1エースの舛本や日本代表の麻野ら今大会必見の10人【2023春高(男子)】

  • 学生バレー
  • 2023.01.03

 

 

第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)が1月4日(水)に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕する。今大会を彩る、男子注目のスパイカー10人を紹介する

 

【画像】麻野堅斗(東山高)、德留巧大(松本国際高)らその他注目選手フォトギャラリー

 

 

舛本颯真(鎮西高[熊本])

ますもと・そうま/3年/身長182㎝/最高到達点338㎝/龍田中(熊本)/アウトサイドヒッター

 2年生時にインターハイを制して以来、世代の先頭を走り続けたエース。高い打点、コースの打ち分け、ブロックアウトなど、そのどれをとっても一級品。試合終盤になればなるほどギアを上げ、無尽蔵のスタミナも備える。昨年は国体を制し、目指すは全国二冠、そして2年越しの全国三冠だ。

 

 

バックアタックも魅力の舛本

 

麻野堅斗(東山高[京都])

あさの・けんと/3年/身長207㎝/最高到達点342㎝/昇陽中(大阪)/ミドルブロッカー

 身長207㎝の高さを武器に、高校生では今季唯一日本代表に選出。日本代表合宿ではブロックの移動の速さを磨き、東山高の高き壁としてそびえ立つ。昨年度習得したブロード攻撃や、インターハイ後に磨いたDクイック、そして国体では二段トスも打ち切るなど、スパイカーとしての引き出しも増やしてきた。おっとりとした性格で、注目される舞台でも自然体で挑む。

 

尾藤大輝(東山高)

びとう・ひろき/2年/身長187㎝/最高到達点335㎝/桜丘中(岐阜)/アウトサイドヒッター

 3年生世代を代表するスパイカーが舛本なら、2年生世代は尾藤だろう。東山高では1年生時からレギュラーを託され、強烈なスパイクとサーブを武器にエースとして活躍。昨夏のインターハイでは、チームを失セット0で初優勝に、その後の第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会でも優勝に導いた。昨年度は1回戦敗退(対習志野[千葉])に終わった夢舞台で、進化した姿を見せる。

 

 

尾藤は2年生世代の注目のエース

 

德留巧大(松本国際高[長野])

とくとめ・こうた/2年/身長189㎝/最高到達点333㎝/坂戸桜中(埼玉)/アウトサイドヒッター

 U18日本代表には選ばれなかったものの、高きポテンシャルを秘める2年生エース。最大の持ち味は、安定したレシーブからの早い切り返しの攻撃。中学時代まではオープントスを打っていたが、高校では器用な攻撃を磨いてきた。今季はインターハイ、国体でベスト4入り。進学を決めるきっかけとなった柳田歩輝(筑波大3年)も届かなかった春高の頂点を目指す。

 

川野史童(東福岡高[福岡])

かわの・しどう/3年/身長199㎝/最高到達点337㎝/木花中(宮崎)/アウトサイドヒッター

 2年前の春高では、1年生唯一のレギュラーとして日本一を経験。その後は柳北悠李(東亜大2年)に代わるエースとして期待を受け続けてきた。サウスポーからのスパイクの技術は高いが、課題はパワー。この2年間の最高成績は昨夏の準優勝止まりと悔しさを味わってきたが、最後の晴れ舞台では全力を込めてその壁を打ち破る。

 

佐藤遥斗(駿台学園高[東京①])

さとう・はると/3年/身長190㎝/最高到達点332㎝/下山中(新潟)/アウトサイドヒッター

 川野らとともに中学3年生時に全中選抜に選出され、駿台学園高では1年生時からコートに立つ。今大会は試合ごとに相手に合わせた布陣が予想されるが、決定力の高いスパイクと鋭いサーブが持ち味の佐藤は、チームに欠かせない存在。今季はインターハイでベスト8、選抜チームで臨んだ国体で3位と悔しさを味わったが、最後の戦いでチームをまだ見ぬ頂点へ連れていく。

 

秦 健太郎(昇陽高[大阪①])

はた・けんたろう/3年/身長193㎝/最高到達点340㎝/昇陽中(大阪)/アウトサイドヒッター

「初出場・初優勝」の偉業に挑むパワフルエース。JOC杯優勝など、輝かしい成績を残した中学時代から一転、高校では苦しんだが、今季はインターハイ府予選、近畿大会で初優勝。惜しくも敗れたものの、インターハイでは舛本擁する鎮西高から2セットとも先にセットポイントを奪った。1回戦で松本国際高を破り、鎮西高へのリベンジを目指す。

 

 

パワフルなスパイクに注目の秦

 

笹本 穏(愛知工大名電高[愛知])

ささもと・やすき/3年/身長190㎝/最高到達点332㎝/高豊中(愛知)/アウトサイドヒッター

 3年間全国大会から遠ざかっていたチームを、今季はすべての全国大会に導いた。国体では選抜チームのエースの一角として準優勝に貢献。春高予選決勝は、左足の甲を痛めるなか、ケガを感じさせないプレーをし、北川祐介監督も「名実ともにエースになった」と認める。高豊中3年生時に、JOC杯で最優秀選手にあたる「JOC・JVAカップ」に選ばれた逸材が、初の春高で成長の証を示す。

 

小野駿太(聖隷クリストファー高[静岡])

おの・しゅんた/2年/身長185㎝/最高到達点335㎝/清水四中(静岡)/アウトサイドヒッター

 昨夏ブレイクを果たした注目の次世代エース。前衛後衛問わずたたき込む力強いスパイクで、自身全国大会初出場となったインターハイでは8強入り。尾藤とともにエースとして第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会で活躍し、ベストアウトサイドヒッター賞に選ばれた。2年生ながらキャプテンとしてもチームを引っ張る。

 

小田周平(習志野高[千葉])

おだ・しゅうへい/3年/身長196㎝/最高到達点338㎝/打瀬中(千葉)/ミドルブロッカー

 昨年度もレギュラーとしてオレンジコートを経験したが、今季は大黒柱に成長。サウスポーから打ち込む幅のあるクイックに加え、長い腕を生かしたブロックで得点源を担う。6月に関東大会を制したが、インターハイでは3回戦敗退、国体では1回戦敗退と苦しんだ1年。昨年度は3回戦敗退に終わった春高で、その悔しさを晴らせるか。

 

文/田中風太

写真/山岡邦彦、中川和泉、石塚康隆、編集部

 

安食浩士(東北[宮城])、新井琉之介(早稲田実[東京③])らまだまだいる注目選手たちの意気込みは、好評発売中の月刊バレーボール1月号(https://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000002178/)をチェック‼

 

【関連記事】

身長207㎝の麻野らがトップ【男子チームのイチオシ選手が選ぶ「すごいと思う選手」(ブロック&レシーブ&トス編)】

 

世代No.1エースに過半数の票が集まる【チームのイチオシ選手が選ぶ「すごいと思う選手」(男子スパイク&サーブ編)】

 

全国二冠を目指す東山 鎮西高らライバル撃破へつかんだ手がかり【春高出場校の天皇杯④】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】麻野堅斗(東山高)、德留巧大(松本国際高)らその他注目選手フォトギャラリー

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn