gv-logo

【春高バレー】あなたが応援していた選手とその理由【男子編#2】

  • 高校生
  • 2022.01.20

 

 

男子は日本航空高が初優勝を果たした第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)。大会終了後に月刊バレーボールのウェブサイト「月バレ.com」内で行った「春高バレーであなたが応援していた選手や学校は?」アンケートの内容をお伝えしていく。前回は優勝校の日本航空高の選手たちをあげた回答をピックアップしたが、今回はその他の学校の選手たちをご紹介。

 

 まずは準優勝した鎮西高の2年生エース舛本颯真。インターハイでも得点を量産した攻撃力は春高でも健在。高松工芸高、日南振徳高の2mエースとの激闘を制して決勝へ勝ち上がり52得点をあげた。

 

【舛本颯真】

 

身長182cmの体を精いっぱいに使って打つ舛本

 

 

・とにかく1番輝いていました。本当に最高に最後までかっこよかったです。鎮西高校、舛本颯真くん、本当にだいすきです(ほのか さん)

 

・舛本くんは2年生にして絶対的エースを最後までまっとうしていて素晴らしかった。結果は惜しくも優勝はかないませんでしたが、ここでの悔しさを糧にさらに強くなって鎮西というチームみんなで帰ってきてほしい。応援しています。もう今から進化した鎮西のバレーをみられることが楽しみです(yuu さん)

 

・サントリーサンバーズの熊本ホームゲームのエキシビジョンで鎮西の試合を初めて生で見てさらに好きになり、応援したくなりました! エースとしての活躍と迫力あるスパイクとても魅力的です!(YUKA さん)

 

・同い年なのに本気でバレーに向き合っている姿に感動した

 

・2年生で鎮西という強豪校のエース。ここぞという時にスパイクを決めてチームを救っていた。打数が多くて、1日に2試合とかきつかったと思うけどそれでも打ち切った舛本くんは本当に凄いしかっこいい! 間違いなくNo.1エース!!!!(あい さん)

 

・レシーブがすごくよくて、ブロックフォローに素早く入るところなどにとても惹かれたからです! 舛本選手は、2年生ですが真のエースで頼りになるエースでとてもカッコいいからです!(春高大好き!! さん)

 

・舛本君はエースとして決め切っていたし、チームを引っ張っていたのでとても憧れの存在でした! 自分も舛本君みたいになれるように頑張ります! 春高お疲れさまでした!これからも頑張ってください!!!(ゆーさん さん)

 

 続いては鎮西高のディフェンスの要、リベロの髙木大我。インターハイでリベロ優秀選手に輝き得意のディグは世代トップクラスである。ミドルブロッカーの平嶋 晃、ツーセッターの一翼を担った九冨鴻三ら3年生とチームを支えた

 

【髙木大我】

 

鎮西高の強力な攻撃陣へつなぐ役割を担った#12髙木

 

 

・とにかく拾ってつなぐ!! あのつなぎがなかったらもっとコート内がバタバタしていると思うし、髙木くんが繋いだボールをアタッカーがしっかり決めて信頼関係がしっかりできていると思います! 春高バレーで髙木選手のプレーがたくさん見られて幸せでした!!(ゆうくん さん)

 

・自分もリベロで、髙木選手のプレーに憧れているから(かめ さん)

 

・私はバレーが好きで何より鎮西は地元が同じなので見ていました。プレーしている際にレシーブが何より上手くてちゃんとボールの下に入ってレシーブしたり、セッターに正確に返したり、どんな方向にスパイクを打たれても絶対取りに行くという強さに惹かれ応援していました(バレー大好き さん)

 

・レシーブが凄すぎる。謙虚すぎて人間的にも尊敬できるところがたくさんあるから(coco さん)

 

・素晴らしいレシーブ力、守備範囲広くて全部取るし、サーブレシーブは全部返るし、二段トスもていねいできれいだし、強打の反応もすごい、全部触る(くわ さん)

 

・初めて春高を観てスパイカーに目が行きがちだったけど鎮西の試合を見た時に、初心者の私にもわかるほど高木さんのプレーが凄かったです。私と同年代の人達が一生懸命にボールを追って、つないでいく姿にとても感動しました。これからの鎮西も楽しみです!!(ましゅまろおいち〜 さん)

 

【次ページ】清風高前田、日南振徳高甲斐

  • インターハイ2021

pagetopbtn