gv-logo

[ロシア21/22]第17節 ウファが連敗を7でストップ ウレンゴイは1ヵ月ぶりに実戦

  • 海外ニュース
  • 2022.02.14

世界三大リーグの一角、ロシア・スーパーリーグ男子の模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SUPER LEAGUE RUSSIA』。2021/22レギュラーシーズン第17節が実施されました。

(Photo:volley.ru/Deta:VolleyService.ru

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■ホームの歓声を背に、ウファが快勝。連敗を7で止める

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第17節》ウファ 3-0 ウレンゴイ

(25-21,25-19,25-18)

(現地2/11)

 第7戦(昨年11月13日)で勝利して以降、白星が遠いウファ。ホームでウレンゴイを迎えた今節は、駆け付けたファンと控えのメンバーが一体となって、手拍子とチャント(応援歌)を奏でてムードを高めていく。試合序盤からOPエフゲニー・リャバコフとMBイバン・デマコフ(ともにロシア)が中心となって得点を重ねると、第2セットでは計5本のブロックポイントをあげて、ウレンゴイの攻撃を封じ込める。終わってみれば、リャバコフが両チーム通して最多18得点、OHエゴール・フェオキストフ(ロシア)が11得点と続き、快勝を収める。

 

<ウファのフェオキストフ(写真コート手前)はアタック決定率91%(11本中)をマーク>

 

 試合後、ウファのMBアレクサンデル・グチャリュク(ロシア)は「私たちはファンのみんなとともに戦っています。支えがあるからこそ、勝利できるのです」と感謝。一方、敗れたウレンゴイは約1ヵ月ぶりの試合ということもあり、Sチモフェイ・ズコウスキ(クロアチア)は「まるでダメな内容でした」と肩を落とした。

 

*****

 

◆《第17節》レニングラード 3-2 サンクトペテルブルク

(18-25,25-21,25-21,22-25,19-17)

(現地2/12)

 ホームのレニングラードはOHマルコ・イボビッチ(セルビア)の最多22得点を始め、4選手が2桁得点をマーク。守っては、MBアルチョム・メルニコフ(ロシア)の最多6本を含む計13本のブロックポイントをあげて、今節を前に7連勝としていたサンクトペテルブルクを下した。

<レニングラードはS⑨二コラ・ヨボビッチ(セルビア)のトスワークも冴えた>

 

++++

◆《第17節》モスクワ 3-0 スルグト

(25-22,25-19,25-23)

(現地2/13)

前節で連勝が4でストップしたモスクワは仕切り直しの一戦。OHヤロスラフ・ポドレスニフ(ロシア)がチーム最多16得点、OPツベタン・ソコロフ(ブルガリア)が15得点と続いたほか、Sパベル・パンコフ(ロシア)が4本のサービスエースを叩き込むなど役者がそろい、快勝を収めた。

<モスクワのOHアントン・セミシェフ(ロシア/写真中央)はサーブレシーブ返球率72%(18本中)>

 

++++

◆《第17節》ケメロヴォ 3-0 ニジネヴァルトフスク

(25-18,25-18,25-22)

(現地2/13)

 アウェーのケメロヴォはOHエフゲニー・シボヘレス(ロシア)が4本のサービスエースを含む15得点、OHアレクサンデル・マルキン(ロシア)が3本のサービスエースを含む12得点と続いて、快勝。イーゴリ・ユリチッチ監督は「アグレッシブなサーブから、ブロックシステムを構築することができました」と勝因を語った。

<ケメロヴォ(写真コート奥)は第3セットで計4本のブロックポイントをあげて、試合を決定づけた>

 

++++

◆《第17節》カザン 3-1 ニジニ・ノヴゴロド

(25-11,19-25,25-18,25-18)

(現地2/13)

 OHバルトシュ・ベドノシュ(ポーランド)の来季までの契約延長が決定したカザン。ベドノシュは出場しなかったが、代わりに入ったOHアンドレイ・スルマチェフスキ(ロシア)がチーム最多17得点。MBアレクセイ・コノノフ(ロシア)が16得点、OPデニス・ゼメチェノク(ロシア)が15得点と続くなど、いつもはベンチに控える面々も活躍し、チームの底上げを図りながら勝ち点3を手にした。

<カザンはOH⑮ドミトリー・ボルコフ(ロシア/写真コート奥右端)が屋台骨としてチームを支える>

 

++++

◆《第17節》ベルゴロド 3-0 オレンブルク

(25-17,25-17,25-22)

(現地2/13)

 アウェーのベルゴロドはOPモハメド・アルハクダディ(モロッコ)が両チーム通して最多25得点の大暴れ。守っては、MBアレクセイ・シャモイネンコ(ロシア)が最多5本のブロックポイントをマークして、ストレート勝ちを収める。連敗を2でストップし、ベルゴロドのボリス・コリチン監督は「小さな前進だが、チームにとっては必要なことです」とコメントした。

<ベルゴロドの⑬シャモイネンコ(写真コート奥中央)は果敢に攻撃参加>

 

++++

◆《第17節》ノヴォシビルスクvs.クラスノヤルスク

…現地3月29日に延期

 

ロシア・スーパーリーグ男子 レギュラーシーズン

==順位表/第17節終了時点==

1 カザン 161(勝ち点49)-

2 ノヴォシビルスク 131(勝ち点38)-

3 モスクワ 123(勝ち点33)▲

4 サンクトペテルブルク 114(勝ち点32)▼

5 レニングラード 105(勝ち点27)-

6 ケメロヴォ 97(勝ち点27)-

7 ニジネヴァルトフスク 79(勝ち点20)-

8 ベルゴロド 68(勝ち点22)▲

9 ニジニ・ノヴゴロド 69(勝ち点19)▼

10 スルグト 512(勝ち点14)-

11 クラスノヤルスク 511(勝ち点14)-

12 ウレンゴイ 411(勝ち点10)-

13 ウファ 312(勝ち点12)-

14 オレンブルク 014(勝ち点4)-

※勝敗(勝ち点)記号は前節からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

  • インターハイ2021

pagetopbtn