gv-logo

石川祐希のミラノがカップ戦準決勝敗退

  • 海外ニュース
  • 2022.03.07

©︎Lega Pallavolo Serie A

 

 石川祐希の所属するミラノは現地時間3月5日(土)、セリエAのコッパ・イタリア(カップ戦)準決勝でトレンティーノと対戦し、0-3(14-25, 20-25, 20-25)で敗れた。

 

【動画】準決勝のハイライト

 

 セリエA“TOP4”の一角を占め、2連覇中の王者ルーベを準々決勝で破り、クラブ史上初となるコッパ・イタリア準決勝進出を果たしたミラノだったが、同じくTOP4のトレンティーノ相手に13本のブロックを決められるなど、高い壁に跳ね返された。ミラノは第1セットを14-25の大差で奪われると、その後のセットも流れを変えることができない。ブロック決定本数はミラノの2本に対して、トレンティーノが13本、アタック決定率はミラノ33%に対しトレンティーノが50%と相手のトータルディフェンスを打破できず、ストレートで敗れた。

 

 石川は7得点、サーブレシーブ返球率は52%(内Aパス12%)だった。

 

石川祐希コメント

「相手のディフェンスとブロックが非常に機能していて、トレンティーノのディフェンス、ブロック、サーブの総合力が上回っていたと思います。そこで耐えきれないとトップには勝っていけないので、もっと我慢することが必要だったと思います。コッパ・イタリアの『ファイナル4』でコートに入ってプレーすることは初めてで、とてもよい経験が積めたので、こういう経験が今後も何度もできるように、そしてこういった舞台で勝てるように、今後も取り組んでいきたいです」

 

 次戦、ミラノは現地時間3月13日(日)18:00【日本時間14日2:00】から、同じくトレンティーノとアウェーでレギュラーシーズン後半・第12節を戦う。

 

 

【関連リンク】

石川祐希のミラノがパドヴァに勝利 髙橋藍はリベロで出場

男子日本代表の関田誠大が入籍を発表

東レ女子 比金有紀の内定を発表

アランマーレ 有薗未也美の入団を発表

FISUワールドユニバーシティゲームズ 第2回女子選抜候補選考合宿を開催

 

 

 

【次ページ】準決勝のハイライト動画

  • インターハイ2021

pagetopbtn