gv-logo

さくらバレー 男子ベスト8チームの見どころは!?

  • 高校生
  • 2022.03.24

 第27回全国私立高等学校男女選手権大会(さくらバレー)の予選トーナメントが3月24日(木)に東京・神奈川の各会場で行われ、男女ともにベスト8が出そろった。最終日となる25日(木)は準々決勝から決勝までが行われる。出場チームの勝ち上がりをチェックし、準決勝、決勝のライブ配信(https://mainichi.jp/sakura-volley/2022)に備えよう。まずは男子編から。

 

 

 

大同大大同(愛知)

 司令塔の平松陸哉や渡邉大和主将らを軸に、決して長身ではなくてもテクニックとエネルギーに満ちたプレーで開智(和歌山)との大熱戦を制して最終日へ。好敵手との試合を通して、ゲーム感覚はさらに研ぎ澄まされてきた。

 

 

 

高岡一(富山)

 松村理暉主将をはじめ、スタメンのほとんどを3年生が占める。安定感を見せて予選グループを1位通過したが、トーナメントでは不戦勝もあってリズムに苦しみ、近畿大附(大阪)戦は辛勝。立て直して最終日を迎えたい。

 

 

 

福井工大附福井(福井)

 安定した守備から、ミドルブロッカーの栗生澤駿史と長谷川翔大の速い攻撃を軸に、失セット0でベスト8まで勝ち上がった。洛南(京都)相手に2本連続ブロックを決めるなど、攻守でバランスが整う。

 

 

 

一関修紅(岩手)

 堅いブロックでワンタッチをとり、石川愛礼主将の速いトス回しで、髙橋開人や中澤歩夢らアタッカー陣を、前後衛問わず生かすバレーボールが特長。全国常連校相手にも、20点以上を取られることなく、ベスト8に進出。

 

 

 

駿台学園(東京)

 前回大会(2019年)優勝校。エースの佐藤遥斗主将と、機動力も光る秋本悠月の2人が攻撃の軸となり、多彩なメンバーが着実に自分の役割を果たしながら勝利を重ねる。今大会もここまで、失セット0(ゼロ)で快走中。

 

 

 

星城(愛知)

 今大会でキャプテンマークを付ける198㎝の細川晃介は、大型エースとしてサーブレシーブを含め攻守に大きな存在感を放つ。大阪産大附(大阪)との激戦を勝ち抜いたここから、さらに勢いに乗れば2013年以来の頂点も視野に。

 

 

 

福岡大附大濠(福岡)

 予選リーグ戦初戦の広島城北(広島)戦はフルセットにもつれ込んだが、その後はストレート勝ち。サウスポーエース金川颯馬主将を軸に、ミドルブロッカーの藤田直也、山田大凱を絡めたコンビバレーを展開する。明るいムードも魅力。

 

 

 

東北(宮城)

 予選トーナメント決勝で清風(大阪)との熱戦を制し、8強入り。小山暖人主将、安食浩士の両スパイカーが中心で、高さのあるブロッカーもそろう。2日間続けてベンチ入りメンバーを全員起用しており、競争しながら頂点を目指す。

 

 

決勝トーナメントの組み合わせはこちら

 

 

 

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn