gv-logo

定期購読

男子日本代表 フィリップ・ブラン監督の決意①「パリオリンピックに出場する目標を達成したい」

  • 日本代表
  • 2022.04.05

 

 4月4日(月)、男子日本代表のフィリップ・ブラン監督が、今年度の日本代表35名の発表に伴いリモート会見を行った。その模様を3回にわけてお届けする。第1回はチームの目標について。ベスト8の壁を破って7位に入った東京2020オリンピックに続く2大会連続の出場に向けてポイントを挙げた(記者会見のコメントを一部改変)

 

一つ一つの試合が重要

 

 皆さんこんにちは。今日はよろしくお願いします。私は日本語を勉強しています。日本語はまだまだなので、フランス語で話します。(ここまで日本語)

 

 日本代表の監督として、この新たな冒険の幕を開けることを心から楽しみにしていました。JVA(日本バレーボール協会)から託された任務を受け、チームスタッフとともにあらゆる策を講じ、日本の男子チームがパリオリンピックの出場権を勝ち取れるようつくしたいと思います。

 

【フォトギャラリー】2022年度男子日本代表チーム登録メンバー

 

 東京2020オリンピックで得た経験はプラスのものでした。日本のバレーボール界にとって、オリンピックが成功だったと言えるように、私は非常に多くの情熱を注ぎ、日本で働くことに喜びを感じました。この推進力は継続すべきものです。冒険を続けるために、選手やスタッフに支えられていると感じました。ですから、私は冒険を続けることに非常に熱中しています。

 

 もちろん、私たちの前に立ちはだかる困難は認識していますが、それでも東京2020オリンピックに次いで連続出場となる2024年パリオリンピックに出場する目標を達成したいと思っています。また、個人的な目標でもあるのは、私にとって5回目のオリンピック大会、しかもそれが出身国であるフランスで開催される大会に参加できることです。

 

 2024年パリオリンピックは私たちの最優先目標であり、今後3年間、私たちを導いてくれる糸となるものです。

 

 「All For Paris 24(Two Four)」が私たちのスローガンになります。なぜ「All For Paris」なのかということをご説明申し上げます。それは集団目標であり、そのために私たちがしなければならないこと、それは今後3年間、チーム一丸となって、すべての選手に当事者意識を持ってもらうこと。また、私たちの技術的、精神的、戦略的なすべての資質を成長させるための不断の決意、野心を持ち、大会におけるすべての試合を大きな決意を持ってプレーすることです。一つ一つの勝利が重要であり、下位のチームに対する一つ一つの敗北が、多くの勝ち点を失うことになります。

 

 冒険を共有し、指導者、コーチ、トレーナー、選手、メディア、スポンサー、ファンの皆さまなど、すべてのバレーボール愛好家のサポートを得ること。そのために「All For Paris 24(Two Four)」が私たちのスローガンになります。

 

pagetopbtn