gv-logo

[ロシア21/22]第26節 カザンが後半戦無傷でレギュラーシーズン首位通過

  • 海外ニュース
  • 2022.04.20

世界三大リーグの一角、ロシア・スーパーリーグ男子の模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SUPER LEAGUE RUSSIA』。2021/22レギュラーシーズンが今節ですべて終了し、戦いはここからプレーオフへと移ります

(Photo:volley.ru/Deta:VolleyService.ru

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■20連勝でレギュラーシーズンフィニッシュ! カザンが堂々の首位通過

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第26節》カザン 3-0 ニジネヴァルトフスク

(28-26,25-22,25-18)

(現地4/16)

 最終成績5位に沈んだ昨季からの復権を目指す、リーグきっての強豪カザン。今季はSマイカ・クリステンソン(アメリカ)やOHドミトリー・ボルコフ(ロシア)を加えると、開幕から5戦連続ストレート勝ちを収める。第6節のモスクワ戦をフルセットの末に落としたものの、以降は白星を重ね、そのままレギュラーシーズンを駆け抜けた。

 

 最終週となる今節は第1セットこそ競り合ったものの、終わってみればセットを落とすことなく勝利。OHボルコフが4本のサービスエースを含む最多21得点、OHアンドレイ・スルマチェフスキ(ロシア)が5本のサービスエースをマークした。

 

<カザン(手前)の⑮ボルコフは好調をキープしている>

 

 堂々の首位通過を果たしたカザンは、プレーオフ(3位~10位チームによる予選ラウンド)が免除され、5月上旬のファイナルステージまで期間が空くことになる。アレクセイ・ベルボフ監督は「まずは最善のコンディションを整えることが重要ですし、試合勘という点では難しくもあります。私としては、(レギュラーシーズン2位の)ノヴォシビルスクとの練習試合ができれば」と自身の考えを語った。

 

<リーグタイトルを手にしてこそカザン。ベルボフ監督の手腕がここから問われる>

 

*****

 

◆《第26節》モスクワ 3-0 オレンブルク

(25-18,25-22,25-12)

(現地416)

 昨季王者のモスクワは第2セットから2人、第3セットで1人を交代する余裕の采配。その中でもフル出場を果たし、4本のサービスエースを含む両チーム通して最多17得点をマークしたOHデニス・ボグダン(ロシア)は「素晴らしいレギュラーシーズンの締めくくりができましたが、さっそく次の試合への準備をしなければ」と兜の緒を締めた。

 

++++

◆《第26節》サンクトペテルブルク 3-0 クラスノヤルスク

(25-21,25-18,25-20)

(現地4/10)

 ホームのサンクトペテルブルクはOHフョードル・ボロンコフ(ロシア)が4本のブロックポイント、3本のサービスエースを含む最多17得点という力強いパフォーマンスでチームをストレート勝ちに導く。今季はレギュラーシーズン終盤で指揮官交代もあったが、勢いは失っていない。

<攻守で活躍を見せた⑪ボロンコフ>

 

++++

◆《第13節》ベルゴロド 3-2 ウファ

(25-23,25-21,20-25,21-25,16-14)

(現地4/14)

◆《第26節》ベルゴロド 3-0 ウファ

(25-20,25-23,25-22)

(現地4/16)

 未消化の第13節と合わせて、最終週に連続開催となったベルゴロドとウファのカード。第13節は両チーム計25本のブロックポイントが出る熱戦に。その試合を制したベルゴロドは、続く第26節でOHエゴール・シデンコ(ロシア)が最多17得点、OHパベル・テチューヒン(ロシア)が13得点をあげて、連勝を収めた。「第1戦(第13節)よりもいいスコアで終えることはできましたが、同じようにプレーオフへの準備をするうえで課題は残ります」とベルゴロドのボリス・コリチン監督はコメント。

<OH⑨イリヤ・シボベツ(ロシア)は安定したサーブレシーブで起点をつくった>

 

++++

◆《第26節》ケメロヴォ 3-0 クラスノヤルスク

(31-29,25-19,25-20)

(現地4/16)

 ホームのケメロヴォはMBミハイル・シェチェバコフ(ロシア)が最多5本のブロックポイント、OPビタリー・パパゾフ(ロシア)が最多12得点をあげてストレート勝ち。「第1セットは相手のサーブがよくて、こちらもミスを重ねてしまいました。ですが、ファンの前で勝利できたことが何よりうれしい」とケメロヴォのイーゴリ・ユリチッチ監督は喜んだ。

<アタックでチームを牽引するケメロヴォの⑨パパゾフ>

 

++++

◆《第13節》ノヴォシビルスク 3-2 レニングラード

(21-25,25-16,26-28,25-21,15-11)

(現地4/14)

◆《第26節》ノヴォシビルスク 3-1 レニングラード

(25-21,19-25,25-18,27-25)

(現地4/16)

 未消化の第13節と、最終第26節の2連戦。第13節はノヴォシビルスクが最多21得点のOPドラジェン・ルブリッチ(セルビア)を筆頭に4選手、対するレニングラードも最多16得点で並んだOHデニス・ビリュコフとOHセルゲイ・ピライネン(ともにロシア)を含む4選手が、それぞれ2桁得点をマークする壮絶な試合を繰り広げる。その試合を制したノヴォシビルスクが、続く第26節も競り勝ち、6連勝でレギュラーシーズンを締めくくった。

<ノヴォシビルスクのキャプテン⑮パベル・クルグロフ(ロシア)はマイクを手にコメント>

 

++++

◆《第26節》ニジニ・ノヴゴロド 3-2 ウレンゴイ

(29-27,25-23,23-25,21-25,15-9)

(現地4/16)

 アウェーのニジニ・ノヴゴロドはウレンゴイに計16本のブロックシャットを浴びながらも、OPデニス・アントノフ(ロシア)が両チーム通して最多28得点の大活躍を見せる。第4セットは計7本のブロックポイントをあげながらも落としたが、最終第5セットは安定したサーブレシーブから攻撃を展開し、フルセットの末に勝利を収めた。

<ニジニ・ノヴゴロドを引っ張るのは御年41歳のベテランMB⑧ビクトル・ニコネンコ(ロシア)>

 

++++

ロシア・スーパーリーグ男子 レギュラーシーズン

==最終順位表==

1 カザン 251(勝ち点76)-

2 ノヴォシビルスク 233(勝ち点66)-

3 モスクワ 224(勝ち点61)-

4 サンクトペテルブルク 197(勝ち点56)-

5 レニングラード 1610(勝ち点44)-

6 ベルゴロド 1511(勝ち点49)-

7 ケメロヴォ 1214(勝ち点38)-

8 ニジネヴァルトフスク 1115(勝ち点31)-

9 ニジニ・ノヴゴロド 917(勝ち点29)▲

10 ウレンゴイ 917(勝ち点24)▼

11 クラスノヤルスク 719(勝ち点22)-

12 スルグト 719(勝ち点20)-

13 ウファ 521(勝ち点20)-

14 オレンブルク 224(勝ち点10)-

※勝敗(勝ち点)記号は前節からの推移

1-2位⇒ファイナルステージへ

3-10位⇒プレーオフ(ファイナルステージ予選ラウンド)へ

11-14位⇒11-14位決定戦へ

 

==プレーオフ(ファイナルステージ予選ラウンド)/組み合わせ==

・モスクワ vs. ウレンゴイ

・サンクトペテルブルク vs. ニジニ・ノヴゴロド

・レニングラード vs. ニジネヴァルトフスク

・ベルゴロド vs. ケメロヴォ

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

  • インターハイ2021

pagetopbtn