gv-logo

定期購読

[イタリア21/22]ルーベがフルセットを制してファイナル先勝 「最高の試合だった」とシモン

  • 海外ニュース
  • 2022.05.03

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズンはいよいよファイナルがスタート。ルーベとペルージャがスクデット(リーグタイトル)を目指して、火花を散らします

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■“カリブ海の巨人”シモンが最多20得点! ルーベがフルセットを制する

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《決勝R第1戦》ルーベ 3-2 ペルージャ

(25-17,26-28,20-25,25-17,15-13)

(現地5/1)

 やはり、この2チームが出そろった。今季のファイナルの対戦カードは、前年度王者のルーベと今季コッパ・イタリア王者のペルージャ。これで2017/18シーズンから4季連続(19/20はコロナ禍のためレギュラーシーズンで打ち切り)での顔合わせだ。

<試合前の整列でイタリア国歌が響く>

 

 ペルージャのホームで行われた第1戦で先手を奪ったのはルーベ。序盤はOHリカルド・ソウザ(ルカレリ/ブラジル)やOHマーロン・ヤント(キューバ)のサイド陣にボールを集めつつ、Sルチアノ・デセッコ(アルゼンチン)は中盤以降でクイックを多用。しっかりとサイドアウトを取るなど優位に試合を進め、最後はMBロベルランディ・シモン(キューバ)のサービスエースが決まり、第1セットを先取する。

 

 第2セットも出だしで4-1とリードしたルーベだったが、ペルージャも黙っていない。12-12からヤントに連続サービスエースを喫したものの、チームの武器であるブロックが機能し、食らいつく。ジュースに持ち込むと、このセットだけで8本目となるブロックシャットを浴びせて、セットを取り返す。これで勢いに乗ったペルージャはOHマシュー・アンダーソン(アメリカ)が高い決定力を見せて、続けざまに第3セットを奪った。

<愛称“ブロックデビルズ”が本領を発揮した第2セット>

 

 対するルーベは第4セット開始時からMBシモーネ・アンザーニ(イタリア)に代えて、ブロック力に定評あるMBエンリコ・ディアマンティーニ(イタリア)を投入。ペルージャの攻撃を切り返しては、ヤントとルカレリが得点を重ねる。そうして、再びシモンのサービスエースでセットカウントをタイに戻した。

 

<⑬シモンの圧倒的な高さから繰り出されるクイック>

 

 最終第5セットは序盤でルーベが連続ブロックシャットを浴びせて6-3とリード。8-4から5連続失点で一時は逆転を許したものの、シモンの強烈なクイックがペルージャのブロックを切り裂き、ルーベが第1戦を制した。3本のサービスエース、3本のブロックポイントを含め、両チーム通して最多20得点をマークしたシモンは文句なしのMVPに選出され、「最高の試合だった。まずは休んで、次の試合にフォーカスするよ。道のりはまだ長いからね!!」と語った。

<ルーべは7度目のスクデット獲得へまずは1勝>

 

*****

◆《5位決定PO予選ラウンド》チステルナ 3-0 ターラント

(25-15,31-29,25-22)

(現地4/27)

 ホームのチステルナは好調をキープするOHスティーブン・マー(カナダ)が最多14得点、OHジャコモ・ラッファエッリ(イタリア)が12得点と続いたほか、OPペータル・ディリッチ(クロアチア)が最多4本のブロックポイントをあげてストレート勝ちを収めた。

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》ピアチェンツァ 3-0 モンツァ

(25-17,25-20,25-23)

(現地4/27)

 この試合で5位決定プレーオフ開幕3戦連続ストレート勝ちを収めたピアチェンツァ。3本のサービスエースと4本のブロックポイントを含む12得点をマークしたMBマックスウェル・ホルト(アメリカ)が試合のMVPに輝いた。

<ベテランMBのホルトは試合後に笑み>

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》ミラノ 3-1 ヴェローナ

(28-26,22-25,25-16,27-25)

(現地4/27)

 OHロク・モジッチ(スロベニア)が両チーム通して最多25得点をあげたヴェローナに対し、ミラノは最多18得点のOPジャン・パトリ(フランス)を含めた5選手が2桁得点をマーク。総力戦で、5位決定プレーオフ初勝利をあげた。

<高い集中力で得点を重ねた⑨パトリ>

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》ピアチェンツァ 3-2 ヴェローナ

(23-25,25-22,25-19,20-25,15-9)

(現地4/30)

 5位決定プレーオフに突入してからチーム初のフルセットになったピアチェンツァだが、最終第5セット開始時から投入されたMBエンリコ・チェステル(イタリア)が攻撃のアクセントになる。試合を通してはOPアディス・ラグンジラ(トルコ)が最多25得点、OHアーロン・ラッセル(アメリカ)が19得点と続いて全勝をキープ。

<5位決定プレーオフで予選通過を決めたピアチェンツァ>

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》ミラノ 3-0 ターラント

(25-17,25-23,25-23)

(現地4/30)

 ミラノは今季加入の東京2020オリンピック金メダリストのMBバルテレミ・シネニエズ(フランス)が5本のブロックポイントと3本のサービスエース、アタック決定率は91%(11本中)で18得点をマークするなど大活躍。OH石川祐希(日本)も12得点と続き、2連勝とした。

<①シネニエズがセンターエリアを支配した>

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》チステルナ 3-0 モンツァ

(25-16,25-16,25-13)

(現地4/30)

 今季はスーペルコッパ準優勝、CEVカップ優勝を手にしたモンツァだが、5位決定プレーオフではやや息切れ? 今節ではチステルナにOHスティーブン・マー(カナダ)の最多6本を含め計11本のサービスエースを喫して、完敗。2連勝から2連敗となっている。

<チステルナはベテランS⑰ミケレ・バラノビッチ(イタリア)が攻撃を組み立てる>

 

イタリア・セリエA

==プレーオフ/決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ● vs. ルーべ〇

 

==5位決定プレーオフ順位表==

1 ピアチェンツァ 40(勝ち点11)

2 チステルナ 31(勝ち点9)

3 ミラノ 22(勝ち点6)

4 モンツァ 22(勝ち点6)

5 ヴェローナ 13(勝ち点4)

6 ターラント 04(勝ち点0)

 

==レギュラーシーズン最終順位表==

1 ペルージャ 222(勝ち点67)

2 ルーベ 195(勝ち点57)

3 トレンティーノ 177(勝ち点53)

4 モデナ 186(勝ち点51)

5 ミラノ 1311(勝ち点41)

6 ピアチェンツァ 1212(勝ち点37)

7 モンツァ 1113(勝ち点31)

8 チステルナ 1014(勝ち点30)

9 ヴェローナ 1014(勝ち点27)

10 ターラント 816(勝ち点26)

11 パドヴァ 915(勝ち点24)

12 ビーボ・ヴァレンティア 717(勝ち点22)

13 ラヴェンナ 024(勝ち点2)

 

==プレーオフ/準々決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ〇〇 vs. チステルナ●●

モデナ〇〇 vs. ミラノ●●

ルーベ〇〇 vs. モンツァ●●

トレンティーノ〇●〇 vs. ピアチェンツァ●〇●

 

==プレーオフ/準決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ●〇●〇〇 vs. モデナ〇●〇●●

ルーベ●●〇〇〇 vs. トレンティーノ〇〇●●●

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

 

【関連記事】

大塚達宣(パナソニック)ベストパンサー率は40%超え! ファイナルステージ進出へ重圧も楽しむ

「自分からいいですか?」前嶋悠仁が憧れの浅野博亮さんに聞きたかったこと

パナソニックパンサーズ 大塚達宣のジュニア時代を恩師が振り返る「チームを引っ張れる選手だった」

 

 

 

pagetopbtn