gv-logo

女子日本代表チーム記者会見 眞鍋ジャパンがメダルを目指して再始動

  • 女子日本代表
  • 2022.05.06

 

 合宿中の女子日本代表チームの記者会見が5月6日(金)、都内で行われた。眞鍋政義監督以下、新チームスタッフが紹介され、5月31日(火)にスタートするFIVBネーションズリーグ2022に向けて招集された22名の選手がそれぞれの目標を発表。また、眞鍋監督の発案により、竹下佳江、木村沙織らロンドンオリンピックのメンバーが「アントラージュ from ロンドン」としてチームをサポートすることも発表された。

 以下、眞鍋監督と古賀紗理那キャプテン、石川真佑選手のコメントを紹介する。

 

女子日本代表フォトギャラリー【23枚】

 

眞鍋政義監督

・チームづくりのポイントは?

「サーブ、レシーブ、ディグ&アシスト、失点の少なさ、団結力という5つの強化テーマを掲げて、世界への突破口を見いだしたいと思います。2022年のチームスローガンは、『BREAK THROUGH(ブレイクスルー・躍進する、突破するの意)』です。

 5つのテーマの中で、まず取り組まなければいけないのはサーブです。東京2020の試合を解説者としてコート横から見ていて、男女とも、日本選手のサーブが遅すぎると感じました。変化の少ないボールになっていましたが、サーブにはとにかくスピードが必要です。全員が相手チームを崩すことのできる速いサーブを打てるようにならなければなりません」

 

古賀紗理那キャプテン

・東京2020オリンピックを終えてから考えていること

「私は初戦でケガをしてしまって、結果的にチームは予選敗退でとても悔しい思いをしました。この悔しさからはい上がるための強さを身につけて、パリオリンピックの切符を取りたいと思っています」

 

石川真佑選手

・アントラージュ from ロンドンのサポートについて

「私たちの目標でもあるオリンピックのメダルを、実際に獲得した方たちからサポートを受けられる体制はとてもありがたいです。目標達成のために、チームがもう一段階ステップアップしなければならないとき、新たな壁を乗り越えなければならないようなとき、先輩方のアドバイスが生きると思います」

 

第2回国内合宿参加メンバー

<背番号/名前(所属)/身長/ポジション>

OP=オポジット、OH=アウトサイドヒッター、MB=ミドルブロッカー、S=セッター、L=リベロ

 

1 山岸あかね(埼玉上尾メディックス)/165cm/L

2 内瀬戸真実(埼玉上尾メディックス)/172cm/OH

3 古賀紗理那(NECレッドロケッツ)/180cm/OH ※主将

4 石川真佑(東レアローズ)/174cm/OH

5 島村春世(NECレッドロケッツ)/182cm/MB

7 柴田真果(JTマーヴェラス)/171cm/S

8 宮下 遥(岡山シーガルズ)/176cm/S

9 小島満菜美(NECレッドロケッツ)/158cm/L

10 井上愛里沙(久光スプリングス)/178cm/OH

13 金田修佳(岡山シーガルズ)/177cm/OH

14 オクム大庭 冬美ハウィ(日立Astemoリヴァーレ)/178cm/OH

15 林 琴奈(JTマーヴェラス)/173cm/OH

19 山田二千華(NECレッドロケッツ)/184cm/MB

22 福留慧美(デンソーエアリービーズ)/162cm/L

23 横田真未(デンソーエアリービーズ)/177cm/MB

24 松井珠己(デンソーエアリービーズ)/170cm/S

25 小川愛里奈(東レアローズ)/178cm/MB

26 宮部藍梨(ミネソタ大[アメリカ])/181cm/OH

28 濵松明日香(久光スプリングス)/181cm/MB

30 関 菜々巳(東レアローズ)/171cm/S

37 宮部愛芽世(東海大3年)/173cm/OH

38 佐藤淑乃(筑波大3年)/177cm/OH

39 麻野七奈未(デンソーエアリービーズ)/183cm/MB

※所属は2022年5月6日時点

 

「アントラージュ from ロンドン」メンバー

竹下佳江、佐野優子、大友愛、井上香織、山口舞、荒木絵里香、中道瞳、木村沙織、迫田さおり、石田瑞穂、狩野舞子、江畑幸子、新鍋理沙

 

【次ページ】女子日本代表フォトギャラリー

  • インターハイ2021

pagetopbtn