gv-logo

定期購読

越川優引退会見「常に挑戦し続けてきたバレー人生だった」

  • V2・V3
  • 2022.05.09

引退会見に臨んだ降旗雄平GM(左)と越川優選手(右)【写真:VOREAS,INC.】

 

 V2男子のヴォレアス北海道は、今シーズン限りで現役を退く越川優の引退会見を5月8日(日)に実施した。

 

 越川は「本当に人に恵まれて、最高の現役人生を送らせていただきました」と語った。

 「パイロット、競馬のジョッキー、そして、オリンピック日本代表のバレーボール選手」という夢を抱いて始まったバレーボール人生。17歳で日本代表に初選出され、岡谷工高からサントリーサンバーズへと進み、2008年の北京オリンピックに出場し夢をかなえた。

 

 そのあとのイタリア・セリエAへの挑戦、JTサンダーズへの移籍、ビーチバレーボールへの転向など、すべて「オリンピックを目指すため」だったと振り返った。

 「オリンピックにもう一度出たい、結果を残したいという思いだけでやってきました。それはかないませんでしたが、後悔は一つもありません。それは、常に挑戦し続けてきたバレー人生だったからです」と力強く語った。

 

 今後の詳細は未定だが、「これまで経験してきたこと、教わってきたことを次の世代に伝えていく。越川優にできること、やらないといけないことを北海道で形にしていきたい」と育成に関わる希望を持っていることを明かした。

 

 またファンに対し「皆さんの応援がなければ、結果を出すことはできませんでした。これからは皆さんと一緒にヴォレアス北海道、北海道のバレー界を応援していきたい」と語った。

 

 岡谷工高で3度の日本一を経験。Vリーグで新人賞や7度のベスト6、3度のサーブ賞を受賞。サントリー、JTを優勝に導き最高殊勲選手賞にも選ばれた。

 強力なサーブとスパイクを武器に日本代表でも長きにわたり活躍した越川。今後はバレー界にその経験を伝えていく。

pagetopbtn