gv-logo

[イタリア21/22]ルーベがファイナル第2戦をストレート勝ち 連覇に王手

  • 海外ニュース
  • 2022.05.10

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズンはいよいよファイナル。ルーベとペルージャがスクデット(リーグタイトル)を目指して、火花を散らします。第2戦の結果は!?

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

ザイツェフの弾丸サーブにシモンのアタック。ルーベが攻守で上回り連勝

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《決勝R第2戦》ルーベ 3-2 ペルージャ

(25-21,29-27,25-22)

(現地5/4)

 フルセットとなった第1戦を制したルーベは、第2戦をホームで迎える。3,811人の観客の大半が、赤色のTシャツをまとった応援団「プレデターズ」であり、7度目のスクデット獲得を目指すチームへ声援を送る。第1セットは序盤でルーベは、ペルージャに連続ブロックシャットを浴びたものの、OHマーロン・ヤント(キューバ)が冷静に得点を重ねて先取する。

<ルーベの応援団席に掲げられたコレオグラフ>

 

 続く第2セットはOPイバン・ザイツェフ(イタリア)が2本連続のサービスエースを放つ一方、10-9から3本連続でブロックシャットを喫し、13-15からはペルージャのOHマシュー・アンダーソン(アメリカ)のスパイクアウトに対してMBロベルランディ・シモン(キューバ)が自身のブロックタッチを申告。グリーンカードが提示されたが、差は3点に広がる。

 

 それでも14-16からシモンがサービスエースを決めて、ファンからは拍手喝采。シモンのクイックを中心攻めたてたルーベは終盤で追いつくと、27-27からヤントがアタックとサーブで連続得点をあげて、セットカウントを2-0とする。

<⑬シモンの強烈なクイック>

 

 第3セットは序盤こそペルージャがOPカミル・リキリチ(ルクセンブルク)の高い決定力もありサイドアウトを重ねたが、サーブミスが目立つほか、リキリチに対してルーベがマークを厚くするなど対処され、流れをつかめず。中盤でのリードを保ったルーベがストレートで勝利した。

 

<ペルージャの⑧リキリチが奮闘するも…>

 

 シモンはアタック決定率67%(18本中)をマークし、チーム最多16得点の活躍。OHリカルド・ソウザ(ブラジル)とヤントが12得点と続いたほか、ザイツェフが両チーム通した最多4本のサービスエースを決めた。敗れたペルージャはサービスエースがリキリチの2本だけ、と持ち味を発揮できずに2敗目を喫し、窮地に立たされた。

 

*****

◆《5位決定PO予選ラウンド》モンツァ 3-0 ターラント

(25-23,25-23,25-23)

(現地5/3)

 OHウラド・ダビスキバ(ベラルーシ)の最多17得点を筆頭に3選手が2桁得点をマークしたモンツァに対し、ターラントはSマルコ・ファラスキ(イタリア)とMBグスタフ・フレイマニス(リトアニア)がともに4本のブロックポイントをあげるなど奮闘。しかし、5位決定プレーオフでは1セットも奪えず、2021/22シーズンを終えた。

<今季スーペルリーガ昇格のターラントは来季でのジャンプアップを誓う>

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》ピアチェンツァ 3-1 ミラノ

(20-25,29-27,25-23,25-19)

(現地5/3)

 ここまで無敗のピアチェンツァは第1セット落としながらも、第2セット以降はブロックを機能させたほか、第4セットは4本のサービスエースをあげて逆転勝利に成功。首位で予選ラウンド通過を果たす。一方のミラノはOPジャン・パトリ(フランス)が最多17得点も、セット率わずか0.01差で5位となり、シーズン終了が決まった。

<ロベルト・ピアッツァ監督(中央)の元、今季の戦いを終えたミラノ>

 

++++

◆《5位決定PO予選ラウンド》ヴェローナ 3-2 チステルナ

(26-24,16-25,25-22,20-25,19-17)

(現地5/3)

 アウェーのヴェローナはOPマッズ・エンセン(デンマーク)が6本のブロックポイントを含む最多29得点の大暴れ。OHアスパルフ・アスパルホフ(ブルガリア)が18得点と続きフルセットの激闘を制して、予選ラウンド通過を果たした。対するチステルナはOPペータル・ディリッチ(クロアチア)が最多21得点、途中出場のOHトマッソ・リナルディ(イタリア)が11得点とアクセントになった。

<激しい攻防を繰り広げた両者>

 

イタリア・セリエA

==プレーオフ/決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ●● vs. ルーべ〇〇

 

==5位決定プレーオフ順位表==

1 ピアチェンツァ 50(勝ち点14)

2 チステルナ 32(勝ち点10)

3 モンツァ 32(勝ち点9)

4 ヴェローナ 23(勝ち点6) ※セット率0.91

5 ミラノ 23(勝ち点6) ※セット率0.90

6 ターラント 05(勝ち点0)

 

==レギュラーシーズン最終順位表==

1 ペルージャ 222(勝ち点67)

2 ルーベ 195(勝ち点57)

3 トレンティーノ 177(勝ち点53)

4 モデナ 186(勝ち点51)

5 ミラノ 1311(勝ち点41)

6 ピアチェンツァ 1212(勝ち点37)

7 モンツァ 1113(勝ち点31)

8 チステルナ 1014(勝ち点30)

9 ヴェローナ 1014(勝ち点27)

10 ターラント 816(勝ち点26)

11 パドヴァ 915(勝ち点24)

12 ビーボ・ヴァレンティア 717(勝ち点22)

13 ラヴェンナ 024(勝ち点2)

 

==プレーオフ/準々決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ〇〇 vs. チステルナ●●

モデナ〇〇 vs. ミラノ●●

ルーベ〇〇 vs. モンツァ●●

トレンティーノ〇●〇 vs. ピアチェンツァ●〇●

 

==プレーオフ/準決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ●〇●〇〇 vs. モデナ〇●〇●●

ルーベ●●〇〇〇 vs. トレンティーノ〇〇●●●

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

 

【関連記事】

大塚達宣(パナソニック)ベストパンサー率は40%超え! ファイナルステージ進出へ重圧も楽しむ

「自分からいいですか?」前嶋悠仁が憧れの浅野博亮さんに聞きたかったこと

パナソニックパンサーズ 大塚達宣のジュニア時代を恩師が振り返る「チームを引っ張れる選手だった」

 

 

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn