gv-logo

春高2024

ネーションズリーグって何だ? 男女日本代表が戦う今、大会を知る&味わうポイント

  • 編集部取材
  • 2022.06.10

【4】新戦力の見本市でも。昨年は髙橋藍がデビュー

 

 勝敗に対してシビアとなったことに間違いはないが、開催時期やチームの強化という点も含めて、毎年、コート上の顔ぶれにフレッシュさを感じさせることもVNLの大きな特徴だ。

 

 代表シーズンが始まった直後の大会であり、同時に、各国のクラブシーズンも終わったばかり。選手たちによっては、この時期を疲労回復や治療、オフシーズンに充てているケースも見られる。例えば、今や“世界最強アタッカー”と称される男子ポーランド代表のウィルフレド・レオンは手術のため、早々に出場しないことを表明していた。

 

 そしてその分、新戦力の台頭を見ることができる。男子日本代表でいえば、髙橋藍にとって初の大型国際大会となったのが昨年のVNL。そこで堂々とプレーしてみせ、見事その夏の東京2020オリンピック出場メンバー入りを果たしている。

 

 ほかにも、2019-20シーズンから3季、Vリーグ女子のJTマーヴェラスでプレーしたオポジットのアンドレア・ドルーズも、2019年大会で女子アメリカ代表優勝の立役者となり、一躍ブレイクを遂げた。

 

 とりわけ今年はオリンピック翌年とあって、一つのサイクルが終わり、新たなサイクルが始まるタイミング。ニューフェイスにも注目だ。

<大型国際大会デビューを飾った髙橋藍(写真は2021年大会/Photo:FIVB)>

 

【5】女子はアメリカが3連覇。開催国のジンクスも

 

 大会を振り返ると、女子はアメリカ代表が3連覇を果たしており、“VNL女王”として君臨。昨年はブラジルとの決勝を制すると、続く東京2020オリンピックでもブラジルの再挑戦を退け、金メダルを獲得している。今年はメンバーもガラリと変えて臨んでいるが、即戦力級のニューフェイスたちが試合を重ねるごとに成長していくに違いない。

 

 一方の男子は、2003年からFIVBランキング1位を譲らずにいるブラジルが2021年大会決勝でポーランドを下し、意外にも初優勝を果たした。なお、大会MVPはブラジル代表オポジットのバラセ・デソウザと、2020-21シーズンからVリーグのウルフドッグス名古屋でプレーするポーランド代表のバルトシュ・クレクがダブル受賞。表彰式ではお互いに仲良く背中を押しながら登場する姿が印象的だった。

 

 ちなみに、男子には“ジンクス”がある。それは一極集中開催となった2021年を除き、ファイナルラウンド開催国のチームは、決勝に進出しながらも優勝を逃している、というもの。2018年はフランスが、2019年はアメリカが、いずれもロシアの前に自国優勝の夢を打ち砕かれた。

 

 今年の男子ファイナルラウンドの開催地はボローニャ。イタリア代表は昨年秋のヨーロッパ選手権を制するなど力はあるが…、果たしてジンクスを破ることはできるだろうか。

<現在はFIVBが主催する国際大会への参加が認められていないロシア代表だが、男子チームは“VNL強者”だった>

 

【6】精力的なブランディングの元、モダンな大会として発展を続ける

 

 さて、今年で4回目の開催となるVNLだが、大会の魅力を裏付けているのは、そのブランディング。テーマである「BE PART OF THE GAME」は、選手も、見ている人も“試合の一部である”ことを掲げたもの。青とオレンジで彩られたロゴマークの「VNL」は、直線的な文字で形づくられており、これはコート上のボールの動きを表現している。2020年には、このロゴマークが、世界各国のさまざまな企業や団体の事業やキャンペーンを表彰する「第22回TOP/COMプロジェクト」で銀賞を受賞した。

 

 また、2019年にはオーストラリア出身の姉妹DJデュオ、NERVO(ナーヴォ)による大会テーマソング「Worlds Collide」が誕生。公開されたミュージックビデオでは、2018年大会決勝(男子はロシアvs.フランス、女子はアメリカvs.トルコ)の映像がふんだんに使われている。

 

 そして、昨年はFIVBが取り組む男女平等社会実現にむけた啓発活動の一環として、「イコール・ジャージ キャンペーン」を展開。前出のクレクやバラセ、女子アメリカ代表のジョーダン・ラーソンらがスペシャルユニフォームを着用してプレーする機会が設けられた。

 

 これまで時代ごとにルールも変わるなど、“変化するスポーツ”として今に至るバレーボール。VNLもまた、それを象徴する大会の一つであり、今後も新たな取り組みや試行錯誤を重ねながら、発展を遂げていくだろう。

<2019年大会の男子ファイナルラウンドの会場で、生のDJプレイを披露したNERVO>

 

(文/坂口功将〔編集部〕)

 

>>><次ページ>【ミュージックビデオ】大会テーマソング「Worlds Collide」

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn