gv-logo

173cmの林が平均187.9cmの中国相手に19得点  女子日本代表8連勝

  • 女子日本代表
  • 2022.06.19

【Photo:FIVB】

 

 ネーションズリーグ2022女子予選ラウンド第2週フィリピン大会の第6日目が6月19日(日)にケソンで行われた。日本(FIVBランキング6位)は中国(同3位)に3-1で勝利し、無傷の8連勝を飾った。

 

 第1セット、日本は中国の高さを前に苦しむが、粘り強く拾いながら古賀のアタックや横田のブロックで対抗し、中盤まで一進一退の攻防を繰り広げる。しかし15-16から7連続失点を喫し、第1セットを落とす。第2セットは序盤に島村のサービスエースでブレイクし、古賀のバックアタック、井上のブロックなどで得点を重ね大差で取り返すと、第3セットは井上のサーブで崩し、3連続得点でスタート。中盤に追いつかれるが、19-18の場面で古賀の好レシーブから井上のアタックでブレイクすると、リードを保ち、このセットを取り切る。第4セットも勢いそのままに開始から4連続得点でリードすると、その後は攻守で圧倒し鮮やかな逆転勝利。中でも身長173cmの林が出場登録選手の平均身長187.9cmを誇る中国相手に19得点する活躍を見せた。日本は無敗で予選ラウンド2週目を終えた。

 

 今大会は、出場する男女各16ヵ国が1週ごとに8チームずつ2組に分かれて各週4試合(計12試合)の予選ラウンドを戦い、上位8チームがファイナルラウンドに進出する。

 

■ネーションズリーグ2022女子予選ラウンド

第2週フィリピン大会 6月19日(日)

日本(8勝・1位)3-1中国(5勝3敗・4位)

(19-25, 25-16, 25-23, 25-12)

 

■日本の第1セットスターティングメンバー

関、井上、横田、林、古賀、島村、リベロ小島

 

■日本のトップスコアラー(上位3人)

古賀  22得点(アタック17得点、ブロック4得点、サーブ1得点)

林   19得点(アタック18得点、サーブ1得点)

井上  15得点(アタック12得点、ブロック1得点、サーブ2得点)

 

■次戦

6月29日(水)現地時間17:00(日本時間翌8:00)

対戦相手:オランダ(1勝7敗15位・FIVBランキング10位)

 

■次戦のテレビ放送予定

BS-TBS   6月30日(木)16:00〜

 

※記事内のFIVBランキングはすべて日本の試合前のもの

 

 

【写真20枚】古賀紗理那の熊本親愛女学院高、NEC、日本代表のフォトギャラリー

 

ネーションズリーグって何だ? 男女日本代表が戦う今、大会を知る&味わうポイント

 

女子日本代表 ブルガリアに勝利し、負けなしの6連勝

 

 

【次ページ】無傷の8連勝 日本代表の写真

  • インターハイ2021

pagetopbtn