gv-logo

定期購読

もう一つの男子日本代表 筑波大現役&OBコネクション 薩摩川内合宿レポート4

  • 日本代表
  • 2022.07.20

練習終わり。歩いて30秒(?)の合宿所へ帰ります

 

「一つずつ着実に」樋口裕希

――合宿の成果は?

 トップレベルの選手が集まっているので、高いブロック、高い技術の中でできたことは大きい。盗むというか、いろんな人から学べるところがいっぱいあったのでよかったです。アルゼンチンとの練習試合ではVNLに出ているメンバーを相手に、自分たちのやるべきことをしっかりやれば、あわよくば5セット全部取れたくらいの感覚はありました。6月からずっとチームで取り組んできたことが、少しずつできているのではないか、その精度が上がればもっともっといいチームになると自信になりました。

 

 

――このチームでの目標を

 AVC(2022AVCカップ男子)ではポイントを得るという点でも他の国に負けられません。チームでやるべきこと、監督が言っていること、みんなで話していることを一つずつクリアしていくことで、一体感のあるチームになり、最終的にAVCで優勝できればと思います。

 

 チームの状態、ミッションを明快に答えてくれた樋口選手。合宿中のオフには筑波大仲間で大河ドラマ『西郷どん』ロケ地の「長野滝」を訪れ、リフレッシュしたようです。

 

次回に続きます。

 

取材・文/泊 亜希子

 

【関連記事】

もう一つの男子日本代表 次なる目標のために 薩摩川内合宿レポート3

 

もう一つの男子日本代表 経験と若さの融合で頂点を狙う 薩摩川内合宿レポート2

 

アルゼンチン男子代表 薩摩川内市合宿レポート

 

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn