gv-logo

定期購読

海外経験が豊富な選手も 将来有望な女子注目の10人【四国インターハイ女子】

  • 学生バレー
  • 2022.07.28

 

 

令和4年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が、女子は7月28日(木)から8月1日(月)に徳島で、男子は8月3日(水)から7日(日)に香川で行われる。アンダーエイジ日本代表として海外でのプレー経験を持つ選手も多い、有望株を紹介する

 

 

#2古川愛梨(下北沢成徳)

 

古川愛梨(下北沢成徳高[東京])

ふるかわ・あいり/3年/ミドルブロッカー/身長184cm/最高到達点300cm/加治木中(鹿児島)

 中学1年生時から全日本中学生選抜で、そして高校3年生時には第21回アジアU20(ジュニア)女子選手権大会でプレーした世代を代表するスパイカー。トレーニングが実を結び、相手のブロックを弾き飛ばすスパイクはさらにパワーアップ。将来を見据え、アウトサイドヒッター転向も視野に入れながら高校最後のシーズンに挑む。

 

 

谷島里咲(下北沢成徳高[東京])

やじま・りさ/3年/アウトサイドヒッター/身長172cm/最高到達点302cm/八郷中(茨城)

 エースの一角として、昨夏はインターハイ優勝に貢献。最高到達点は目標の3mを超え、高さのあるスパイクを幅広いコースに打ち込む。今年1月の春高ではベスト4に終わると、「来年もあると言い訳したくなかった」と大粒の涙。強い責任感でチームを引っ張る。

 

 

タピア・アロンドラ(古川学園)

 

タピア・アロンドラ(古川学園高[宮城])

3年/ミドルブロッカー/身長196cm/最高到達点328cm/ドミニカ共和国

 身長、最高到達点はともに今大会トップで、その高さを生かしたスパイクとブロックは迫力十分。準優勝した今年の春高ではブロード攻撃を披露するなど、機動力も高い。ふだんはムードメーカーとして仲間を和ませ、試合中には強いリーダーシップを発揮する、チームになくてはならない存在。

 

 

阿部明音(古川学園高[宮城])

あべ・あかね/3年/ミドルブロッカー/身長172cm/最高到達点296cm/小名浜一中(福島)

 タピアとともに全国屈指の得点力を誇るミドルブロッカー。今年3月の全国私立高等学校男女選手権大会(さくらバレー)では強弱のつけたスパイクで、タピアに匹敵する活躍を見せた。ミドルブロッカーながら安定感のあるレシーブを見せ、攻守でチームを牽引する。

 

 

熊谷仁依奈(古川学園高[宮城])

くまがい・にいな/3年/セッター/身長165cm/最高到達点278cm/仙北中(秋田)

 1年生時から名門の司令塔を務め、第21回アジアU20(ジュニア)女子選手権大会には高校生では唯一セッターとして選出。持ち味の速いトス回しに加え、タピアら留学生にトスを上げてきたことで、苦手だったオープントスも追求してきた。昨年からキャプテンマークを背負い、リーダーシップも抜群。

 

【次ページ】続いての将来有望な女子注目の5人

pagetopbtn