gv-logo

定期購読

古川学園の日本一へのキーパーソン 熊谷仁依奈&阿部明音対談【四国インターハイ女子】

  • 学生バレー
  • 2022.07.28

 

 

令和4年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が、女子は7月28日(木)から8月1日(月)に徳島で、男子は8月3日(水)から7日(日)に香川で行われる。大会直前に注目選手たちの声をお届け。3月に行われた全国私立高等学校男女選手権大会(さくらバレー)で優勝し、優勝候補の一角として期待される古川学園(宮城)の熊谷仁依奈キャプテン、阿部明音の今大会への思いに迫る

 

さくらバレーで歓喜の瞬間を迎える阿部(左から3番目)と熊谷(同5番目)

 

――インターハイ県予選決勝では、第2セットは25-9で奪ったものの、第1セットは25-23と苦戦しました

熊谷:相手のリズムでプレーされたのが苦しんだ要因だと思います。アロン(タピア・アロンドラ)がエースだけど、第1セットはミスもあって。そのときに周りが点を取ったり、落ち着いてディフェンスをしていれば、苦しまなくてすみました。アロンに頼っている部分があったな、という反省もあります。ノープレッシャーで向かってくる相手に対しての戦い方をすごく学びました。

 

阿部:相手は攻めてきていましたが、自分たちは流れを作れずにいて。連続でサーブミスをしてしまったことも、ギリギリの勝負になった原因だと思います。

 ミーティングでは先生(岡崎典生監督)に2セット目がほんとうの自分たちの実力だと言われました。いかに相手に点を取られないで勝つ工夫できるかを目標にしていて、2セット目はすごく内容はよかったと思います。

 

熊谷:1セット目で苦しんだ分、プレッシャーがなくなり、1人1人が強い気持ちで戦えたと思います。ただ、全国大会は初戦で負けると終わることもあるので、2セット目から力を出しているようではいけません。そうならないように、1セット目からコンビの完成を目指して、しっかりと自分たちのバレーをしないといけないと思います。

 

 

――ミドルブロッカーのタピア選手、阿部選手は全国トップクラスの攻撃力。セッターの熊谷選手にとって、2人はどんな存在ですか?

熊谷:大きすぎる存在ですね(笑) 自分だけではありませんが、困ったときはセンターに上げれば何でも決めてくれると思えるくらい、ほんとうに頼もしい。セッターとしてここに上げれば決まると思えるので、攻撃の選択肢が増えます。ただ、相手はそこをマークしてくるので、もっと両サイドをうまく使って、アロンと(阿部)明音にはほんとうに苦しいボールを決めてもらえるようにしたいです。

 

阿部:自分とアロンはエースなので、苦しいときに点をどう取るかをもっと追求して、インターハイに臨めたら、と思います。

 自分は副キャプテンで、仁依奈がキャプテン。チームを強くするためにどうすればいいかをよく2人で話します。そのときにいつも自分たちが目指す日本一に向かって、絶対に前向きな発言をしてくれて、自分も仁依奈をすごく信頼しています。苦しいときは絶対トスを持ってきてくれると思うので、それを1回で決められるエースになりたいです。

 

 

――熊谷選手から見て、阿部選手のスパイカーとしての成長はいかがですか?

熊谷:2年生のときもすごかったですが、自分たちの代になってからの自覚や責任が伝わってきます。それがあるから、自分もキャプテンとしてもチームを引っ張らないと、と思っています。

 

阿部:仁依奈は1、2年生のときは正確にトスを上げることで精いっぱいというか、自分のトスが何かわからなくなった時期もありました。でも3年生になってからは、いかに楽にスパイカーに点を決めさせるかを考えることができていて、視野がすごく広くなったと思います。1年生のときにはなかった堂々とした振る舞いで、自信を持ってコンビを組むという気持ちもすごく伝わってきます。阿吽の呼吸というか、ここにトスが来るなっていうのもわかるようになりました。

 

熊谷:ふだんバレーの話はしますが、こうやってあまり直接聞いたりしないので、素直にうれしいです(笑)

 

【次ページ】タピア選手は二人から見てどんな選手?

pagetopbtn