gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】鎮西がベスト4へ! 攻撃力で上回った鎮西が開智に2-0で勝利

  • 学生バレー
  • 2022.08.06

※写真は敗れた開智

 

鎮西エース#3舛本の攻撃が止まらない!

 

8月6日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」男子大会3日目、決勝トーナメント4回戦、前回大会優勝の鎮西(熊本)は開智(和歌山)と対戦。攻撃力で上回った鎮西が開智をストレートで下し、準決勝進出を決めた。

 

【表】四国インターハイ2022「男子決勝トーナメント表」をチェック

第1セット序盤は、一進一退の攻防戦に。鎮西はチームの得点源である#3舛本颯真を中心に、#6井坂太郎、#1平田悠真らのスパイクでポイントを重ねる。一方の開智は、#2楠本圭梧のクイック、キャプテン#1古谷祥や#7下崎*智稀のレフトスパイクなどで得点。しかし、要所で開智にスパイクミスなどが出て、鎮西が7-5、13-9とジリジリと引き離していく。

*=「崎」の異字体(たつざき)

 

開智は、#1古谷の強打や#13新居良太の身長190cmを生かした高さのあるクイックなどで追い上げを見せるも、なかなか連続得点につなげられない。対する鎮西は、#3舛本を軸に着々と得点。#6井坂のノータッチサービスエースも出て、20-15と5点差をつける。終盤にかけても、開智は鎮西の高い攻撃の前に点差を詰められず。鎮西が第1セットを25-20で先取する。

 

第2セット序盤から、リードを奪ったのは開智。鎮西にミスが続き、開智が3-1とリードをつくる。その後サイドアウトが続いたが、鎮西がブロックでプレッシャーをかけて開智のミスを誘い、6-6と同点に追いつく。

 

その後、開智はロングラリーになったときに点数につなげるなどブレークに成功。開智が13-10とリードしてタイムアウトを迎える。このタイムアウト直後、流れを変えたい鎮西・畑野久雄監督が続けてタイムアウトをとった。すると、その直後、鎮西#3舛本がレフトからブロックの上からスパイクを決めて11点目を取ると、続けて相手の攻撃を拾って、#3舛本が得点しブレーク。そして、#1平田がサーブで崩し、#5荒谷柊馬がダイレクトで決めて、一気に3連続得点に成功。13-13と再び同点になる。

 

両者の攻防が続き、終盤まで拮抗した展開となったが、20-19と鎮西が1点リードした場面で開智にスパイクミスが2本連続で出てしまい、鎮西が22-19と差を広げる。開智は#7下崎のレフトスパイクや#13新居のクイックなどで追い上げるも、最後まで鎮西は攻撃の手を緩めない。#3舛本がセンターからスパイクを決めて24点目を取ると、続けて#6井坂が二段トスを決め切り、25-21で第2セットを奪取。攻撃力で勝った鎮西が開智をストレートで下し、ベスト4入りを決めた。


「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

pagetopbtn