gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】東山が髙橋藍在籍時を超える初優勝 男子決勝レポート

  • 学生バレー
  • 2022.08.08

 

 

 

令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ)男子は8月7日(日)に大会最終日を迎え、丸亀市民体育館(香川)で決勝トーナメント準決勝、決勝を行った。決勝では東福岡(福岡)と東山(京都)が対戦し、東山が3-0 (25-23、25-19、25-18)と東福岡をストレートで下し、大会初優勝を果たした

 

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

 

 

 失セット0で勝ち上がった東山と、準決勝で前回大会王者の鎮西(熊本)をフルセットの末に破った東福岡が頂点を懸けて激突した。

 第1セットは多彩な攻撃で相手のブロックを振り、東福岡が序盤から得点を重ねる。東山の麻野堅斗に2度目のブロックをし、8-4とすると、東山はタイムアウトを要求した。だが、その後も東福岡は攻撃の手を緩めず、セッター田代理貴のサービスエースや先野玄馬の機動力の高いスパイクで5連続得点を挙げ、15-8と大きくリードを広げた。

 しかし、東山もサーブを起点に巻き返す。身長207㎝から放たれる麻野堅斗のフローターサーブで崩し、尾藤の4度のバックアタックを含む7連続得点で20-19とひっくり返した。その後はサイドアウトを取り合ったが、ミドルブロッカー田中拓磨のスパイクで東山がブレイク。25-23で接戦をものにする。

 

 第2セットは花村知哉と尾藤のサーブがさく裂。花村が2本、尾藤が1本サービスエースを決めるなど、11-3と大きくリードした。東福岡も葭原逢太、サウスポーの川野史童のスパイクで食らいつくも、東山がセッター當麻理人の落ち着いたトスワークできっちりとサイドアウトを奪う。25-19でセットを連取し、優勝に王手をかけた。

 

 第3セットも東山が主導権を握る。麻野の高いブロックで相手スパイカーにプレッシャーを与えてミスを誘うと、尾藤のブロックアウトなどで着実にリードを広げる。3点リードを保った中盤には、麻野がこの日2本目のサービスエースを決めるなど3連続得点。19-13と試合を決定づけ、歓喜の瞬間を迎えた。

 日本代表の髙橋藍在籍時も3位が最高だったインターハイ。初の決勝進出で頂点まで駆け上がった。7月21日(木)から24日(日)に行われた近畿大会では準優勝に終わり、短期間でさらにレベルアップ。優勝後の恒例の儀式「カモンロッソ」では、喜びを爆発させた。

 

今大会の全試合結果&表彰選手はこちらから

https://www.getsuvolley.com/220807_interhigh_result

 

【関連記事】

【四国インターハイ2022】東福岡が決勝へ! エース#3舛本の攻撃を封じた東福岡が鎮西に逆転勝ち

 

【四国インターハイ2022】東山が初の決勝進出! 全員バレーで松本国際に競り勝つ

 

【四国インターハイ2022】男子の頂点に輝くのは ベスト4チームの注目ポイント

 

pagetopbtn