gv-logo

定期購読

デンソーとヒュンメルが新ユニフォームを発表“快活なミツバチたち”をデザインで表現

  • V1
  • 2022.10.18

 

 

 

「着心地や肌触りがよく、動きがスムーズに」と選手からも好評の新ユニフォーム

 

 V1女子のデンソーエアリービーズは、今季よりオフィシャパートナーを務める「ヒュンメル」と共に10月29日(土)に開幕を迎える2022-23シーズン用の新ユニフォーム3種類を10月14日(金)に発表した。

 

【動画】デンソーエアリービーズの新ユニフォームがこちら

 

 ヒュンメルが日本の女子バレーボールチームにユニフォームを供給するのは初めて。新ユニフォームを作るにあたり、まず選手たちからのヒアリングを実施した上でオリジナルのシルエットを作り、何よりも選手が動きやすく、かつ美しく見えるフォルムを意識。デザインにおいてはチーム名の“AIRYBEES(=快活なミツバチたち)”をヒントに、コートで躍動するたおやかな様を、優美な曲線とグラデーションカラーで表現した。なお側面には、ヒュンメルの象徴であるシェブロンラインが配置されている。

 

 ホーム用はメインカラーのレッドをベースに、アウェー用はクラフティングブルー、サードは750年以上の歴史を持つ抹茶の名産地、ホームタウンの西尾市を表すため、しま模様に見える茶畑の畝(うね)をモチーフにしたデザインとなっている。

 

新ユニフォームは選手からも好評で、横田紗椰香選手は「着心地や肌触りがよく、動きがスムーズにできる印象があります。デザインは両社に共通している『蜂モチーフ』がかわいらしくてお気に入りです」と語っている。

 

 デンソーは開幕週の10月29日(土)、30日(日)に住吉スポーツセンター(大阪府大阪市)でJTマーヴェラスと対戦。翌週の11月5日(土)、6日(日)はホーム西尾市総合体育館(愛知県西尾市)で日立Astemoリヴァーレを迎え撃つ。選手たちのプレーはもちろん、鮮やかな新ユニフォームにも注目したい。

 

【関連記事】

ヒュンメルがデンソー、埼玉とオフィシャルパートナー契約を締結

 

[連載④完]デンソーエアリービーズが挑む2022-23シーズン/「50年目にBEE CHAMPION」

 

[連載③]ルーキー横田紗椰香が明かしたデンソーとの深いつながり/「50年目にBEE CHAMPION」

 

【次ページ】デンソーエアリービーズの新ユニフォームがこちら(動画)

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn