gv-logo

定期購読

ミラノがビッグ4の一角モデナに勝利 石川は途中出場

  • 海外ニュース
  • 2022.10.25

【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 石川祐希の所属するミラノは現地時間10月23日(日)、イタリア・セリエAレギュラーシーズン第4戦で昨季4位のモデナとアウェーで対戦し、3-2(24-26, 25-21, 21-25, 25-23, 16-14)で勝利した。石川は途中出場。

 

 ミラノは第1セット、最大5点差までリードを広げたが、モデナのアディス・ラグンジラ(トルコ)のサーブで崩され追い上げを許す。21-19でサーブレシーブの安定を狙い石川を投入。しかしモデナの勢いは止まらず、同点に追いつかれジュースに突入すると最後はラグンジラに決められセットを落とした。

 

【SNS】勝利後の笑顔の集合写真

 

 第2セットはアグスティン・ロセル(アルゼンチン)のクイックなどでブレイクするとジャン・パトリ(フランス)の攻撃などでリードを広げ、奪い返したが、第3セットはモデナのイアルバン・ヌガペト(フランス)らにポイントを許しリードされると、流れを取り戻せずに失った。

 

 第4セットは12-13で石川がコートへ。16-17からラグンジラの3連続サービスエースでリードされるが、モデナにミスが出て、ミラノが徐々に追い上げる。19-21の場面では味方がブロックで弾いたボールを石川が好レシーブでつなげて1点差に迫り、パトリのブロックでついに逆転。セットを奪い、イーブンに戻した。

 

 第5セットは互いになかなかボールを落とさず好ラリーを展開。ミラノは14-11でマッチポイントを握ったもののミスが続き、トビアス・クリック(ドイツ)のブロックで同点に追いつかれてしまったが、最後はマルコ・ビテッリ(イタリア)のサービスエースで突き放し勝利した。

 

 石川は途中出場で3本のサーブレシーブを受け返球率は100%(内Aパス67%)を記録した。

 

石川祐希コメント

「なかなか難しい戦いでしたが、最後に勝利をつかむことができたのでうれしく思います。またモデナのホームでフルセットで勝つということに大きな価値があります。私のコンディションがまだ万全ではないので、前衛では替えられるケースがほとんどでしたが、コートに入ったときにはしっかり守備を安定させることもでき、コート内外でリーダーシップをとりながらチームを鼓舞することはできました」

 

 次戦、ミラノは現地時間10月30日(日)18:00【日本時間31日1:00】から、ヴェローナとホームで戦う。

 

石川祐希が渡伊を前に会見 「今後のキャリアにとってとても重要なシーズン」

 

石川祐希 セリエA開幕戦はチステルナに敗れる

 

石川祐希のミラノが今季初勝利 サービスエース2本を含む15得点

 

【次ページ】勝利後の笑顔の集合写真

pagetopbtn