gv-logo

定期購読

女子日本代表眞鍋政義監督が今シーズンを総括「世界の壁を少し壊せた」

  • 女子日本代表
  • 2022.10.26

 

 

眞鍋政義監督(写真は2022女子世界選手権の時のもの)【Photo:FIVB】

 

 女子日本代表の眞鍋政義監督が今シーズンの総括としてリモート会見を10月24日(月)に行った。

 

 眞鍋監督は会見の冒頭で「今年度は世界ランキングを上げることを目標とし、ネーションズリーグでは前半8連勝、後半5連敗。いい時と悪い時の違いを反省し、世界選手権に臨みました。その結果、目標だった第3次ラウンド進出を果たし、最終的には5位でした。2022年はチームスローガン『BREAK THROUGH(ブレイクスルー・躍進する、突破するの意)』を掲げ、世界への突破口を見いだそうとしてきた中で、壁を少し壊せたかと思います」と今シーズンを振り返った。

 

 

 「世界に通用したのは中央からの速いバックアタックで、ネーションズリーグ前半戦や世界選手権でも効果的だった」と、今シーズンの収穫をあげた一方で、「今後ベスト8の壁を破るには、ラリー中のバックアタックの精度と、特に3セット目以降で弱くなるサーブの強化が課題。勝負強さも重要となる」と話した。

 

 今年度より新主将に指名した古賀紗理那については「サーブレシーブをこなし、ブロックを見極めて速いバックアタックを打てるうえ、世界でも上位に入るくらいブロックもよかった。年上や年下の選手とも積極的にコミュニケーションを取っていたので、キャプテンが合っているのかな、と思います」と評価した。

 

 また今後の選手選考について「ある程度数字を見て判断するが、日本代表には一芸に秀でた選手が欲しい。国内リーグなどで世界に通用する選手を見極めたい」と話していた。

 

【関連記事】

女子日本代表が世界選手権から帰国 古賀紗理那「成長して、また集合したい」

 

ブラジルに逆転負け 日本は女子世界選手権ベスト8

 

パリオリンピック予選の日本開催が決定

pagetopbtn