gv-logo

定期購読

IH準優勝の東福岡が多彩な攻撃&自慢のブロック力を見せて優勝、日本一を目指して春高へ【春高2023福岡県予選】

  • 学生バレー
  • 2022.11.17

 

東福岡の川野史童(写真はインターハイ時のもの)

 

九州産大付九州産の攻撃を抑えて東福岡が優勝

 

 第75回全日本高等学校選手権大会(春高)福岡県代表決定戦の男子決勝が福岡市総合体育館(福岡県福岡市)で11月13日(日)に行われ、東福岡が九州産大付九州産にセットカウント3-0(25-10, 25-17, 25-18)で勝利。12年連続14回目となる春高出場を決めた。

 

 第1セット、相手のミスで先取点を奪った東福岡は、199cmのエース#3川野史童、ユース日本代表の#9葭原逢太が決めるなどで7-3とまずリード。さらに#7先野玄馬、1年生ミドルブロッカーの#10松下晃大と1枚ブロックを決めて九州産大付九州産の攻撃を摘み、11-5と点差を広げる。

 

 興味深かったのは東福岡のセッター起用。インターハイで決勝に導いた#6田代理貴がスタートから出てトスを上げると、途中出場の#11園田欧太郎、変則的に#9葭原(ユース代表ではセッター)もセッターを務めるなど司令塔を次々と変えて相手を惑わせるのだ。リードされた焦りもあってか、九州産大付九州産にミスが連続で出て東福岡の19-7となる。

 

 その後も#5磯脇侑真が1枚でブロックポイント、#2木下魁十のBクイックなどで得点を重ねてセットポイントを握ると、最後は#3川野が決めて東福岡が25-10でセットを先取する。

 

 第1セットはキャプテンの#1牧瀬智也、#4笹田崇太のサイド陣でなんとか得点していた九州産大付九州産。巻き返したい第2セットだったが、東福岡は開始から#9葭原のサーブが走って4-0とする。

 

 このあと九州産大付九州産の#4笹田、#5久保川翔太、#1牧瀬に決められて7-8と1点差にされるものの、同点にはさせない。#3河野、#7先野がアタックを決めるとブロック2本も飛び出して15-9と再び突き放す。その後は、サイドアウトが続く展開となり、25-17で東福岡がセットを連取した。

 

 そして第3セット、東福岡は開始から#3川野が高さを活かして3本ブロック。さらに#5磯脇の早いレフトアタックなどで10-2と一気に8点差を付ける。その後、15-10まで差を詰められるが、ここでまたも連続ブロックを決めて九州産大付九州産の反撃ムードを打ち消した。終了間際、#4笹田のアタック、この試合チーム初となる#6野崎一真のブロックと粘りを見せようとした相手だったが万事休す。25-18で締めて東福岡がストレート勝利し、春高出場を決めた。

 

春高出場を決めた東福岡

 

【関連記事】

男子は東福岡、女子は福岡工大附城東が優勝【春高2023福岡県予選】

 

【四国インターハイ2022】東福岡が決勝へ! エース#3舛本の攻撃を封じた東福岡が鎮西に逆転勝ち

 

東福岡高(福岡)連覇の懸かる春高へ「スパイカーは強いと証明して、日本一になりたい」【天皇杯・皇后杯で高校生が得たもの】

 

【次ページ】東福岡その他の写真

pagetopbtn