gv-logo

定期購読

石川祐希のミラノは2位トレンティーノから勝ち星

  • 海外ニュース
  • 2022.11.29

【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 石川祐希の所属するミラノは、イタリア・セリエAレギュラーシーズン前半第9節でトレンティーノと現地時間11月26日(土)にアウェーで対戦し、3-1(25-20, 21-25, 25-15, 25-22)で勝利した。

 

【動画】石川祐希のハイライト動画やミラノの順位を確認する

 

 試合開始時点で8位のミラノは、以前ジェイテクトでもプレーしていたマテイ・カジースキ(ブルガリア)やイタリア代表の若きエース、アレッサンドロ・ミキエレットらが所属している同2位のトレンティーノと対戦。前節に続きアグスティン・ロセル(アルゼンチン)が欠場し、ミラド・エバディプール(イラン)やオスニエル・メルガレホ(キューバ)がミドルブロッカーとしてコートに入った。

 

 第1セット、メルガレホのブロックで先制すると、マルコ・ビテッリ、パオロ・ポッロ(ともにイタリア)らも続き、このセットだけで5本のブロックを集めてセットを奪った。第2セット、ミラノは石川のサービスエースなどでリードを奪うが、スレチコ・リシナツ(セルビア)のクイックで逆転を許し、そのあとリードを広げられる。ミラノはビテッリのブロックなどで1点差まで迫ったが、このセットを落とした。

 

 第3セットは序盤、相手のミスやパトリのバックアタックなどでリード。そのリードを守ると、最後は石川のスパイクでセットを奪った。第4セットは石川のサービスエースなどで一進一退の攻防を繰り広げ、終盤へ。18-19から石川の3連続ポイントで逆転すると、最後はメルガレホのスパイクを相手コートに突き刺して、勝利を飾った。

 

 石川は全セットスタメンで出場し15得点(サーブ2得点含む)、ブレイクポイントはチーム最多の9得点。アタック決定率は57%、サーブレシーブ返球率は47%(内Aパス24%)を記録した。チームは順位は5位へと上がり(11月27日終了時点)、レギュラーシーズン前半戦上位8チームが出場できるコッパ・イタリアに向けて大きく前進した。

 

石川祐希コメント

「(試合開始時点で)2位の強豪トレンティーノに3-1で勝利して、勝ち点3を取ることができてとてもうれしいです。またコッパイタリア出場に向けても大きな一勝だと感じています。来週対戦するチヴィタノーヴァ(ルーベ)も力があるチームなので、今日のように僕たちが主導権を握ったゲームができるようにしっかり準備していきます」

 

 次戦、ミラノは現地時間12月5日(月)19:30【日本時間6日3:30】から、ルーベとホームで戦う。

 

石川祐希 イタリア・セリエA【ミラノ】 チーム成績・個人成績

 

石川祐希と髙橋藍の日本人対決 石川所属のミラノが勝利

 

井手智のベルリン 第5セットを27-25で奪取しカップ戦準決勝進出

 

【次ページ】石川祐希のハイライト動画やミラノの順位を確認する

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn