gv-logo

定期購読

上位2チームが激突 星をつぶし合う局面へ【V1男子・今週の見どころ】

  • V1
  • 2022.11.17

 

 今週末にはV・レギュラーラウンド5週目を迎える2022-23 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)。ここまでは大まかに見て「昨季の上位チーム」と「同下位チーム」の対戦が多く、現状の順位も、昨季と比べてそこまでの違いは生じていない。

 しかしこれから、V・レギュラーラウンドはしだいに新たな局面へと突入していく。順位の近いチームどうしによる、過酷なつぶし合いが始まる――。

 

 1敗をキープしている上位2チームが、ここで激突。ウルフドッグス名古屋(1位・7勝1敗)は、ホームのエントリオ(愛知県稲沢市)で堺ブレイザーズ(2位・7勝1敗)を迎えての連戦である。

 昨季準優勝のWD名古屋は、主要メンバーが日本代表で経験を積み、ミドルブロッカーに身長205㎝の王東宸が加入したことなどもあって全体の安定感が増している。チーム技術集計を見ると、アタック決定率で2位と攻撃において高い数字を示す一方、特筆すべきはディフェンス面におけるパフォーマンス。ブロック決定本数とサーブレシーブ成功率の両部門で全体の1位を走っており、鉄壁の守りから効果の高い攻撃へ、好循環が築かれている。

 対する堺も、昨季はブロック決定本数で1位を記録。今季の同ランキングは現状4位だが、ブロックは彼らが自信を持っている部分であり、そこを抜けてきたボールは日本代表の守護神でもある山本智大がことごとく拾い上げる。もう一人の日本代表リベロ、WD名古屋の小川智大とのレシーブ対決も見どころとなるこのカード。連日の熱戦となることは間違いない。

 

 

 今季、開幕前から注目を集めているジェイテクトSTINGS(7位・3勝5敗)は土日、おおきにアリーナ舞洲(大阪府大阪市)でサントリーサンバーズ(4位・6勝2敗)と対戦する。

昨季までそのサントリーで主力を務め、今季ジェイテクトに移籍した柳田将洋にとって、古巣との顔合わせは初めて。開幕からアウトサイドヒッターとして貢献していたが、12日(土)の試合途中からはオポジットとしてもプレー。さすがの得点力で存在感を発揮しており、総得点では日本人トップの5位(130点)に食い込んでいる。サントリーでともにプレーした絶対的エース、ムセルスキー, ドミトリーとの対戦も楽しみである。

 

 

 そのほか、このはなアリーナ(静岡県静岡市)では東レアローズ(3位・6勝2敗)対VC長野トライデンツ(8位・1勝7敗)、パナソニックアリーナ(大阪府枚方市)ではパナソニックパンサーズ(6位・5勝3敗)対JTサンダーズ広島(5位・5勝3敗)がそれぞれ行われる。なお、東京グレートベアーズ(9位・0勝8敗)と大分三好ヴァイセアドラー(10位・0勝8敗)は、今週末は試合が予定されていない。

 

V1男子試合結果一覧(11/13終了時点)

 

【次ページ】V1男子の順位・順位推移を確認

pagetopbtn