gv-logo

定期購読

WD名古屋が独走態勢を築くか それとも追撃なるか?【V1男子・今週の見どころ】

  • V1
  • 2022.11.30

 

 

 開幕から7週目を迎えるこの週末、V・レギュラーラウンドは今年最後の開催となる2022-23 V.LEAGUE DIVISON1 MEN(V1男子)。先週末には、今季ここまで勝ち星から遠かった東京グレートベアーズ(8位・1勝9敗)と大分三好ヴァイセアドラー(9位・1勝9敗)の2チームが念願の1勝目をあげて、全敗チームはなくなった。一方で、全勝のチームはすでに存在しないなか、先頭で抜け出しつつあるのが昨季準優勝のウルフドッグス名古屋(1位・11勝1敗)である。

 

 JTサンダーズ広島(6位・5勝7敗)とアウェーの松江市総合体育館(島根県)で11月26日(土)に行われた一戦を3-1で制したあと、WD名古屋のバルドヴィン・ヴァレリオ監督は「まだまだ我々の目指すバランスのとれたバレーボールを安定して、また質を高めて発揮する必要がある」とコメント。チーム技術集計では、現状「アタック決定率」「ブロック決定本数」「サーブレシーブ成功率」で首位を走っているが、目指す姿はさらにその上をいくのだろう。

 今週末、対戦するのはパナソニックパンサーズ(3位・9勝3敗)で、会場はパナソニックアリーナ(大阪府枚方市)。パナソニックはチームの「サーブ効果率」でトップを走っている(同項目でWD名古屋は3位)。決してビッグサーバーが多いわけではないが、戦術的なサーブで高い効果をあげており、対戦相手は気が抜けない。サーブレシーブ成功率1位のWD名古屋に対して、どのような揺さぶりをかけてくるのか、果たして堅いディフェンスにほころびは生じるのか? 見逃せないポイントである。

 

 

 パナソニックと同じく9勝3敗で首位を追う、残りの2チームが実はこの週末に直接対決を控えている。堺ブレイザーズ(2位)と東レアローズ(4位)、もちろんいずれもここで星を落としたくないところだが、もし週末の2戦をお互いに1勝1敗で終えて、WD名古屋が連勝ということにでもなれば――2位グループとの差は目に見えて大きくなってしまう。ただ、そこで逆にパナソニックが連勝すれば…? いずれにしても、上位争いが気になる週末となっている。

 

 

 なお11月27日(日)にチーム初白星をあげた東京GB、真保綱一郎監督は「ほっとしているのが正直な気持ち」とコメントした。今週末はホーム、アリーナ立川立飛(東京都立川市)にJT広島を迎えての連戦となる。勢いに乗りたい東京GB、連敗を脱出したいJT広島。どのチームも、いい形で年内のリーグ戦を締めくくりたい思いは同じ。勝利を目指す激突を、それぞれの会場で後押ししてほしい。

 

V1男子試合結果一覧(11/27終了時点)

 

【次ページ】V1男子順位表・順位推移表

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn