gv-logo

定期購読

石川祐希のミラノ 昨季王者のルーベに敗れる

  • 海外ニュース
  • 2022.12.07

 

【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 石川祐希の所属するミラノは、イタリア・セリエAレギュラーシーズン前半第10節でルーベと現地時間12月5日(月)にホームで対戦し、1-3(21-25, 25-22, 22-25, 21-25)で敗れた。

 

【動画】石川祐希のインタビュー動画

 

 昨季通算7度目のリーグ制覇を果たしたルーベは、今季ここまで5勝4敗と奮わないが、イヴァン・ザイツェフ(イタリア)、アレクサンダル・ニコロフ(ブルガリア)、ルチアノ・デセッコ(アルゼンチン)や、昨季までミラノに在籍したバルテレミ・シネニエズ(フランス)ら各国代表選手を多く有する強豪チーム。対するミラノは、3戦連続でアグスティン・ロセル(アルゼンチン)が欠場し、アウトサイドヒッターのミラド・エバディプール(イラン)、オスニエル・メルガレホ(キューバ)がミドルブロッカーのポジションでプレーした。

 

 第1セットは序盤、ミラノにミスが出て先行を許す。ミラノはジャン・パトリのバックアタックや石川の技ありのフェイントなどで追いかけたものの、シネニエズの連続ブロックやザイツェフのブロックなどで突き放され、セットを奪われた。

 

 第2セットもミラノは先行されるが、石川のサーブで崩しマルコ・ビテッリ(イタリア)のブロックで得点、同点に追いつく。そのあと前に出たミラノは、追いつかれるたびに石川のスパイクやセッターのパオロ・ポッロ(イタリア)のサーブなどで突き放して昨季王者に互角の戦いを見せる。最後はメルガレホのスパイクが決まり、セットを奪い返した。

 

 立て直しに成功したミラノ。第3セットは競り合ったまま中盤まで進む。しかし12-13でデセッコ、シネニエズにブロックされ連続失点。追い上げたいミラノは、18-23から石川のサービスエースを含む4連続ブレイクで1点差に迫ったが、最後もデセッコのブロックで逃げ切られた。

 

 第4セット、ミラノはシネニエズのクイック、ガビ・ガルシア(アメリカ)のバックアタックなどでリードを奪われる。終盤ビテッリのサービスエースで2点差まで追い上げたが、追いつくことはかなわず敗れた。

 

 石川は全セットスタメンで出場し、チーム2位の17得点(サーブ1得点含む)。アタック決定率は今季最高の62%、サーブレシーブ返球率は48%(内Aパス17%)を記録した。チームは現在7位で、レギュラーシーズン前半戦上位8チームで戦うコッパ・イタリア出場圏内にとどまっている。

 

石川祐希コメント

「序盤から常に1点が勝負というレベルなので、緊張感や、1点の大切さ、1点をもぎ取る力が必要だと感じました。来週のターラント戦に勝たなければコッパイタリアへの出場がなくなってしまうので、絶対に勝ってコッパイタリア出場を決めたいと思います」

 

 次戦、ミラノは現地時間12月11日(日)18:00【日本時間12日2:00】から、現在10位のターラントとアウェーで戦う。

 

パドヴァの髙橋 トレンティーノに敗れ4連敗

 

石川祐希のミラノは2位トレンティーノから勝ち星

 

筑波大が10年ぶりの頂点 【全日本インカレ男子最終日結果】

 

【次ページ】石川祐希のインタビュー動画やミラノの順位を確認する

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn