gv-logo

定期購読

春高直前 深澤姉妹の春高を振り返る【月バレ2022年2月号・プレーバック】

  • 学生バレー
  • 2022.12.29

 

 

 第75回全日本高等学校選手権大会(春高)が、2023年1月4日(水)から東京体育館(東京都渋谷区)で開催される。

 

 大会3連覇を目指す女子・就実(岡山)。昨年度、連覇の原動力となったのは深澤めぐみ、つぐみの姉妹だった。現在はVリーガーとして、めぐみは久光スプリングス、つぐみは東レアローズと別々のチームで活躍している。月刊バレーボール2022年2月号の春高報道号で2人の活躍を振り返ってみよう。(月刊バレーボール2022年2月号掲載記事を再編集したもの。本文は当時の内容のまま)

 

------以下、月刊バレーボール2022年2月号より------

 

笑顔が戻った最強ツインズ 夢の続きは日本代表で

 

文/田中風太(編集部)

 

 もうかつてのような険しい表情はなかった。準優勝に終わった昨夏のインターハイでは、深澤めぐみはエースとして、そして深澤つぐみはキャプテンとして、重圧を一身に受け続けた。だが、覚悟を決めた今大会は、笑顔で戦い抜いた。1年生時のインターハイ、2年生時に続く3度目の日本一。これで1年生時の春高を除き、すべての全国大会でメダルを獲得した。西畑監督は「マークは厳しかったですし、背負っているものも大きかった。その中で立派に打ち抜いたのは、彼女たちの心の面での成長。喜ぶ顔が見られてうれしかったです」と手放しでたたえた。

 

 バレーボールを始めて以来、ずっと同じチーム。中学2年生時に長野の親元を離れ、就実中に転校した。厳しい練習が続く中、チームメイトであり、家族であるお互いの存在は心強かった。「最初はちょっとでもしんどいことがあったら、2人で『もう帰りたいね』って。でも、帰れる距離じゃないし…。寝て起きたらまたやらないといけないから、『考えないようにしよ』って言っていました」とつぐみは笑って振り返る。高校では2年生時まではライバルで、そして3年生時はチームを引っ張る仲間に。「最強ツインズ」として活躍し続けられたのも、互いの存在があったからだ。

 

 しかし、誰よりも頼りになった存在は、もうそばにいなくなる。卒業後はめぐみが久光スプリングスに、つぐみが東レアローズに内定。再びタッグを組めるのは、日本代表のコートしかない。

 

「世界でも通用する選手になることが最終的な目標。でも、そのためには足りない部分があるので、そこを突き詰めて成長していきたいです」(めぐみ)

 

「先輩にすごい方ばかりがいるので、たくさん吸収して、人としても選手としても大きく成長したい。自分が頑張って、また同じコートで戦いたいです」(つぐみ)

 

「不安もあるけど、逆に楽しみ」という2人。日の丸を胸に、ともに戦う日を目指して。その物語はまだ始まったばかりだ。

 

 

(写真右)

深澤めぐみ(就実)

ふかざわ・めぐみ/3年/アウトサイドヒッター/身長176cm/最高到達点302cm/就実中(岡山)

 

(写真左)

深澤つぐみ(就実)

ふかざわ・つぐみ/3年/ミドルブロッカー/身長176cm/最高到達点302cm/就実中(岡山)

 

チームメイトとして戦う最後の大会となった深澤めぐみ(左)とつぐみ(右)

 

------

 以上、月刊バレーボール2022年2月号を振り返った。今大会はどんな戦いが繰り広げられるのだろうか。

 

春の高校バレー 第75回全日本高等学校選手権大会

出場選手名鑑(オールカラー)が付録の

「月刊バレーボール」2023年1月号は好評発売中

お求めは【NBPオンラインショップ】

https://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000002178/)へ

 

【関連記事】

春の高校バレー本戦の組み合わせが決定【春高抽選会】

 

春高連覇中の就実、1年生エース福村心優美を軸とした全員バレーで優勝【春高2023岡山県予選】

 

就実高単独チームの岡山県が準V 準決勝ではインターハイ女王を破り西畑監督「上出来すぎてびっくり」【いちご一会とちぎ国体(少年女子)】

 

【次ページ】就実(岡山)フォトギャラリー(春高2022)

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn