gv-logo

春高2024

石川祐希のミラノはチステルナにストレートで勝利 【海外リーグ所属日本代表選手・1/13、14】

  • 日本代表
  • 2024.01.17

【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 2023年度バレーボール男女日本代表で活躍し、クラブシーズンを海外リーグで戦う選手たちの活躍を振り返る。今回は1月13日(土)と14日(日)に行われた試合結果をお届けする。(日程はすべて現地)

【動画】石川出場のチステルナ戦のハイライト動画

 

 イタリア・セリエA、ミラノに所属する石川祐希は、14日にレギュラーシーズン後半第3節でチステルナと対戦し3-0で勝利。石川は13得点をあげたが、「試合としてはあまりよくなく、サーブレシーブのミスも多々あったので、満足できる内容では決してなかったです」と語った。また18日(木)に控えるCEVカップ準々決勝プレーオフ第2戦に向けて「大事なザヴィエルチェ(ポーランド)戦があるので、しっかりとパフォーマンスを発揮してゴールデンセットに持ち込み勝利し、次に進んで残りの試合も戦いたいと思います」と照準を向けた。

【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 同じくイタリア・セリエAのモンツァに所属する髙橋藍は、レギュラーシーズン後半第3節でモデナと14日に対戦。2セットを先取されたものの挽回し、フルセットに持ち込んだが、最後は逃げきられて敗戦。髙橋は1得点だった。

【写真:Lega Pallavolo Serie A Femminile】

 

 セリエA女子、フィレンツェの石川真佑は、ベルガモと対戦。試合は2セット先取されたところから逆転勝利を収め、石川も21得点と勝利に貢献した。

 フランス・マルマラ スパイクリーグ(リーグA)、パリの宮浦健人と甲斐優斗は13日にポアティエと対戦。宮浦は19得点と気を吐いたが、1-3で敗れた。甲斐優斗は全セットに途中出場した。

 山本龍の所属するルーマニアリーグのディナモ・ブカレストは13日のバヤ・マーレ戦にスタメン出場し、3-0で勝利した。

 築城智が所属するドイツ・ブンデスリーガのベルリンは、開幕からまだ負けなしで首位を走る。13日にヘルシングと対戦し、2セットを先取したが、前回対戦時はフルセットで勝利した侮れない相手が第3セットは粘りを見せて、30点台に突入。それでもベルリンが38-36で逃げ切った。

 ブラジル・スーパーリーグ マリンガ所属の松井珠己はこの期間で試合がなかった。

【海外リーグに所属する2023年度日本代表選手の個人成績まとめ1/13、14】

■世界クラブ選手権サンバーズ奮闘記1  銅メダル獲得の舞台裏 

■専修大2年の甲斐優斗がフランスリーグへ挑戦 「海外経験は大きなものになる」

■VリーグV1男子 サントリー2日連続の逆転勝ち 首位パナソニックは11連勝

■上林直澄「やっぱりバレーが好き」 山形県選抜での国体がきっかけで男子日本代表若手有望選手合宿へ

■大晦日前日に開催されたVリーグ。東京 GB柳田将洋らが語る興行としてのバレーボールの可能性

 

【次ページ】石川出場のチステルナ戦のハイライト動画

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn