gv-logo

日本代表応援サイト

尾藤大輝(東山) 春高ベスト4から再起「同世代でナンバーワンであれるように」【ドリームマッチ注目選手】

  • 学生バレー
  • 2023.02.18

 

 

春高準決勝でスパイクを放つ尾藤

 

第20回2023全日本ジュニアオールスタードリームマッチが2月18(土)、19(日)にパナソニックアリーナ、近畿大学記念会館(ともに大阪)で行われる。3年ぶりに開催される、全国の有望選手たちが一堂に会する夢の大会の注目選手を紹介。春高でベスト4に終わり、涙を流した東山(京都)の尾藤大輝は、目指す選手像へすでに歩みを進めている

 

 怖いものしらずだった1年前。1年生エースとして臨んだ尾藤にとって初の春高は、苦い記憶として刻まれている。高さのあるブロックが持ち味の習志野高(千葉)に阻まれ、1回戦で姿を消した。

 「映像を見返すと、解説の方に『緊張しているんじゃないですかね』と言われていて。高校で初めての全国大会で、短いアップの時間で体をつくることに慣れていなかった分、いい状態に持っていくことができませんでした。経験の一つとして覚えておいて、インターハイや国体、次の春高ではベストの状態で試合に臨めるように頑張りたいです」

 

 あれから1年。たくましくなった姿で尾藤はオレンジコートを楽しんでいた。鎮西高(熊本)との準決勝。強烈なスパイクを突き刺しては気迫あふれる表情でコートを駆け回った。相手エース舛本颯真を上回るペースで得点を重ね、1-2から試合を振り出しへ。最終セットも舛本との息つく間もない打ち合いが続いたが、わずかなスキが勝負をわけた。

「負けた原因はチェンジコートの後、自分がサーブやバックアタックをミスしてしまったところ。逆に鎮西さんには5セットを通してそれがありませんでした」

 両チームトップの48得点をマークしても勝てなかった。試合後は目を真っ赤にして敗戦を悔やんだが、大会を終え、湧き上がる思いがあった。

「自分の中では楽しかった思いもありました。鎮西さんは決勝で負けましたが、エースの舛本選手、井坂(太郎)選手は最後までミスをしないで点を取っていました。映像でも改めてエースの差を確認して、モチベーションにつなげるようにしています」

 

 

銅メダルを首から下げる尾藤。試合後、涙があふれた

 

 激闘からわずか1ヵ月足らずで京都府新人大会へ。精神面の切り替えも難しいが、立ち止まる気配はまったくなかった。大会前の言葉は熱を帯びていた。

 「洛南さんも力のある選手が多くいます。最近は東山が直接対決を制しているので、懸ける思いも強くなっているでしょうし、(東山高は)主力だった3年生の方々が抜けて、付け入る隙があると思われていると思います。

 でも、そんなの関係ないぞと。自分たちの磨いてきた武器を生かして、まずは新人戦から京都でも一番、そして日本でも一番を目指していきたいと思います」

 2月5日に行われた京都府新人大会決勝では、ライバルの洛南高にストレート勝ち(28-26、25-16)。有言実行で最高のスタートを切った。

 

 1年生時からエースポジションで活躍し、2年生時には第14回アジアU18(ユース)男子選手権大会でMVP。順調な成長曲線を描くが、目指す場所はもっと先にある。

 「チームとしては全国三冠、選手としては各世代の代表、最終的にはシニアの日本代表を目指しているので。一つ一つのプレーの水準を上げたいです。現状、いちばん武器にできるのは攻撃の部分。スパイクやサーブは、同世代の中でナンバーワンでいられるようにしたいです」

 全日本ジュニアオールスタードリームマッチはそのうってつけの舞台。世代トップクラスの選手たちとのマッチアップで、いちばんを証明してみせる。

 

尾藤大輝

びとう・ひろき/身長187㎝/最高到達点338㎝/桜丘中(岐阜)出身/アウトサイドヒッター

 

文・田中風太

写真・中川和泉(NBP)/平野敬久

 

【関連記事】

2023全日本ジュニアオールスタードリームマッチ出場選手【男子】

 

「後悔は一生残る」 東北高 小山暖人が春高で最後まで貫いたストイックさ 『2人の“はると”《前編》』

 

「描いた3年間ではなかったけれど…」福井工大附福井高 谷口暖宗がかつて日の丸をつけた自分に伝えたいこと 『2人の“はると”《後編》』

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn