gv-logo

日本代表応援サイト

石川祐希のミラノが最強ペルージャに勝利しタイに戻す プレーオフ準々決勝第2戦詳報

  • 海外ニュース
  • 2023.03.24

【Photo:Lega Pallavolo Serie A】

 

 石川祐希の所属するミラノは、イタリア・セリエAプレーオフ準々決勝第2戦でペルージャと現地3月22日(水)にホームで対戦し、3-2(27-25, 25-21, 21-25, 18-25, 15-13)で勝利。通算成績を1勝1敗のタイに戻した。今回は試合の詳細について。

 

【動画】ペルージャに勝利した試合のハイライト

 

 全5戦、3戦先勝勝ち上がりで行われるプレーオフ準々決勝。ミラノは今季レギュラーシーズン無敗のペルージャとの第1戦にストレートで敗れ、挽回を期して臨んだ第2戦だった。

 

 ミラノは第1セット、不安定な立ち上がりのペルージャに対して、OH石川を軸に攻めて先行するが、相手ブロックが機能し始めると逆転を許す。しかし15-19から石川の攻撃で点差を縮め、OPジャン・パトリ(フランス)のスパイクで同点に。ジュースに突入し、迎えたセットポイントで石川が二段トスを上げ、OHミラド・エバディプールがそれを決めて第1セットを奪った。

 

 第2セットは互いに譲らず一進一退の攻防となる。ペルージャのSシモーネ・ジャネッリ(イタリア)がヒートアップし、MBアグスティン・ロセル(アルゼンチン)がネットを挟んで睨み合うなど白熱した展開に。ミラノはこれに奮起したか、直後11-13から同点に追いつく。終盤、OHオスニエル・メルガレホ(キューバ)、MBマッテオ・ピアノ(イタリア)の3連続ブロックポイントで突き放しセットを連取した。

 

 第3セットのミラノは、あとがなくなったペルージャの反撃に遭い、OHオレイ・プロトニスキ(ウクライナ)、OHウィルフレド・レオン(ポーランド)、このセットから入ったOPカミル・リキリチ(ルクセンブルク)の攻撃で大きくリードされセットを落とし、続く第4セットも奪われて勝負の行方は最終セットに委ねられた。

 

 最終第5セットはミラノがリードするたびにペルージャが追いつく展開。12-11でジャネッリの絶妙なツーアタックをSパオロ・ポッロがつなぎ、最後はメルガレホが決めてブレイク。セットポイントでプロトニスキのスパイクがサイドラインを割りミラノの勝利が決まると、石川は大きなガッツポーズを見せ、ホームのアリアンツ・クラウドは大歓声に包まれた。

 

 石川は18得点、アタック決定率は49%、サーブレシーブ返球率は45%(内Aパス32%)を記録。特に第1セットは9得点、決定率82%とミラノを勢いづけた。ミラノはプレーオフの成績を1勝1敗のタイに戻し、次戦、第3戦を現地時間3月26日(日)17:00【日本時間27日1:00】からアウェーで戦う。

 

石川祐希コメント

「今日のペルージャ戦はほんとうにいい試合だったと思います。1、2セット目をとって、3、4セット目は相手の選手がかわってリズムがつかめずに、相手のペースになったのですが、タイブレークでしっかり勝つことができたので、よかったです。今週末の試合で、とにかく勝つという気持ちだけをもって、ペルージャ戦に臨みたいです」

 

※ポジション表記/OH=アウトサイドヒッター、OP=オポジット、MB=ミドルブロッカー、S=セッター、L=リベロ

 

石川祐希 イタリア・セリエA【ミラノ】 チーム成績・個人成績

 

 

 

好評発売中の「月刊バレーボール」4月号では

石川祐希のインタビューや、直筆サイン入りプレゼントも!

購入は【NBPオンラインショップ】まで

 

 

【次ページ】ペルージャに勝利した試合のハイライト動画

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn