gv-logo

春高2024

洛南は悔しい準優勝も春高予選へつながる敗戦 細田監督「技術やチーム力は負けていない」【インターハイ京都予選(男子)】

  • 学生バレー
  • 2023.06.16

 

令和5年度全国高等学校総合体育大会兼国民大会バレーボール競技少年男女の部兼近畿高等学校優勝大会 京都府予選会は、6月11日(日)に福知山三段池公園体育館で大会最終日が行われた。男子は優勝した東山高が2年連続16回目の本戦出場。準優勝の洛南高は決勝で同校にストレート負けを喫したが、春高府予選に向けて大きな収穫もあった

 

 

1年生時からエースを任される#1中上(洛南)。2年目の今季は、存在感がさらにアップ

 

【インターハイ京都予選(男子)フォトギャラリー】

 

 修羅場をくぐり抜けた数が、紙一重の勝負をわけた。

 

 ライバル東山高との決勝での対戦は、勝利した2年前のインターハイ府予選以来。第1セット序盤は理想の試合運びだった。ブロックでワンタッチを取ると、エース中上烈やサウスポー岸岡脩人キャプテンのスパイクで攻めた。3-3から岸岡キャプテンの連続サービスエースなどで3連続得点。中上のバックアタックが決まり、8-4となったところで、相手にタイムアウトを取らせた。だが、そこから歯車が狂った。

 「できすぎてしまったというか、逆に不安になりました。向こうがいいタイミングでタイムを取って、『このあと何かありそう』という気持ちを持ってしまった。そこで『よっしゃ、いくぞ!』とエンジンがかかったらよかったんですけどね」(細田哲也監督) 

 

 8−5からフローターサーブで失点。指揮官が「崩れるはずがないところで崩れてしまった」とじわじわ差を詰められると、11-11から花村知哉のハイブリットサーブに苦しんだ。サービスエースを決められるなど6連続失点。逆転でセットを落とした。岸岡キャプテンは「ふだん見ないというか、練習していないサーブだったので。慣れるのに時間がかかって、対処することができなかった」と悔やんだ。

 

 第2セットは同じく花村のサーブから中盤にかけて5連続失点。それでも、第1セット終盤に投入され、第2セットはスタメン出場した草野叶嶺(かなれ)と中上の強打が決まり、18-18と追いついた。その後はサイドアウトを取り合う展開が続いたものの、22-22から昨年のインターハイ優勝を知る尾藤大輝、花村のスパイクを止められず。3連続失点を喫し、歓喜に沸く相手コートを見つめた。細田監督は「尾藤くんと花村くんには去年の経験と自信がありました。うちは自信がなくて、そこの差で負けた」と課題を口にした。

 

 

途中出場でチームに勢いをもたらした草野(洛南)

 

 2年ぶりの全国大会出場を逃したが、チームにとって草野の活躍は好材料。最高到達点340㎝を超える高いポテンシャルを秘めながら、高校3年間で左すねの疲労骨折を5度繰り返し、これまで公式戦の出場はほとんどなかった。決勝までは途中出場で草野に経験を積ませるプランを描きながら、準決勝の大谷戦でフルセットにもつれ込んだのが誤算。「準決勝では絶対にそれでいこうと思っていたのに、決勝の途中出場になってしまったのは想定外」と細田監督は悔やんだが、期待の大器は高い打点から前衛後衛問わず打ち込んだ。

 

 第2セットは草野のスパイクがアウトになって敗戦。「この悔しさを忘れずに、近畿大会と春高予選は絶対に勝つという気持ちで練習していきたいと思います」と唇をかんだ経験が、成長へのエネルギーになる。

 

 身長190㎝の中上、189㎝の草野と爆発力のある2人がそろい、春高府予選への手応えをつかんだ。指揮官は「技術やチーム力として負けていないところはあるので。そこ(精神面)を克服さえすればいけるかなと思います」。岸岡も「プレーでは勝っていると思いますが、気持ちで負けてしまった。春高(府予選)までの間に、常に試合を想定して練習試合をやっていけたら、気持ちもつくれると思う」とうなずく。

 

 試合後は東山高の胴上げを目に焼き付けた。日本代表の大塚達宣らを擁し、日本一に輝いた2019年度以来の春高へ。王座奪還への道はすでに始まっている。

 

文・写真/田中風太(編集部)

 

最終日の男子試合結果

準決勝

東山 2(25-13、25-17)0 北嵯峨

洛南 2(23-25、25-20、25-18)1 大谷

 

3位決定戦

大谷 2(25-22、25-21)0 北嵯峨

 

決勝

東山 2(25-20、25-22)0 洛南

 

 

【関連記事】

前年度インターハイ王者の東山が宿敵を下して2年連続の本戦へ【インターハイ京都予選(男子)】

 

新人大会3位の市立尼崎高が今季初タイトル ルーキー・ハントラクル星夏がサーブで存在感【インターハイ兵庫予選(男子)】

 

エースは石川祐希のフォームを日々研究 新人大会優勝の社は悔しい3位【インターハイ兵庫予選(男子)】

 

【次ページ】インターハイ京都予選(男子)フォトギャラリー

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn